Edited at

TravisCIで環境変数を使いたい場合

More than 3 years have passed since last update.


通常の環境変数

TravisCIで以下のような環境変数を使いたい場合は、.travis.ymlenvとして記述すれば良い。

$ export TEST_HOGE='hogehoge'


travics.yml

env:

global:
TEST_HOGE='hogehoge'


暗号化した環境変数

DB接続情報やAPIキーなど暗号化したい環境変数がある場合はtravisコマンドで暗号化したものを.travics.ymlに設定すれば良い。

travisコマンドはgemでインストールできる。

$ gem install travis

例えば、以下のようなAPIキーを環境変数で使いたい場合

$ export API_KEY=hogehoge_api_key

travisコマンドで暗号化する。

$ travis encrypt -r shu1/my_repository API_KEY=hogehoge_api_key

Please add the following to your .travis.yml file:

secure: "jDyFo5FIQi3orZeug2Gxg6Fq0EHG+JzfvB/5W9Y5WGT97azmD/Iuy3W4M6Fx2By4sqVLJ02QSjqSlQHidtBrLTY1lcsuJY3p5/I8zlPO/m4S66XxAGXyPl82PTGtFgxKu4vtNSumCKwVNq5GeBSFDbsPzaUaigMgeZDaFcfXf20="

Pro Tip: You can add it automatically by running with --add.

-rオプションで リポジトリを指定する。

暗号化したものを.travis.ymlに入れる。


travics.yml

env:

global:
- secure: jDyFo5FIQi3orZeug2Gxg6Fq0EHG+JzfvB/5W9Y5WGT97azmD/Iuy3W4M6Fx2By4sqVLJ02QSjqSlQHidtBrLTY1lcsuJY3p5/I8zlPO/m4S66XxAGXyPl82PTGtFgxKu4vtNSumCKwVNq5GeBSFDbsPzaUaigMgeZDaFcfXf20=


参考URL