ウィルスと闘ってみた。

More than 1 year has passed since last update.


概要

開発用のXPが、どうにも調子が悪い。

ウィルスと闘ってみた。

三日、かかった。


現状

世界レベルでは、8%がXPらしい。

開発用に、ノートとデスクトップがある。

フリーのソフトが、いっぱい入ってる。

全部あやしい。

ウィルスバスターの類は入れない主義。

ファイアフォールも、甘い甘い。


症状

ネットが遅い。

タスクマネージャで知らないプロセス走ってる。

ブルースクリーンで、OSが落ちる。


軽く調査

msconfigで、スタートアップ、いじっても、あやしいプロセスは、動いてる。

あやしいプロセスは、3つ。

毎回の起動でプロセスの名前は変わるが、3つ。

プロセスの場所は、document and settings \ ** \localseting\Temp\にある。


さらに調査

microsoft謹製、autorunsを使う。

普段使わない、ノートでリファレンスのリストをつくる。

compareで差分を見て、あやしいやつを探す。

image

publisherが無い、ドライバー、「amsint32」があやしい。

て言うか、リファレンスにも、入ってるじゃん。


敵が、判明

ググルと、salityと呼ばれるらしい。寄生型らしい。

さらに、おかしい症状が、確認できた。

シマンテックとか、トレンドマイクロとか、カスペルスキーのサイトに行けない。DNSエラーでる。

これも、ウィルスの仕業。

勝てる気がしないので、駆除ツールを探す。


駆除ツール発見

カスペルスキーにその名も、「salitykiller」あった。

邪魔されて、ダウンロードできない。

7で落として、フロッピーで入れる。

image


結果

980件、検出、駆除。

ギネス級じゃね。

デスクトップは、0件となる。続く。