search
LoginSignup
5

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Ubuntu 16.04 LTS(xenial)にzabbix3.0をソースからインストール

ubuntu 16.04 LTS(xenial)のzabbix3.0公式パッケージが来ていない(2016/06/01時点)のでソースから導入してみます。

前提条件

ソースをコンパイルしますので、gccとmakeを準備しておきます。

sudo apt-get install gcc make

zabbixの公式サイトからソースを取得して置きます。
http://www.zabbix.com/jp/download.php

コンパイル

ソースのファイルを展開してコンパイルしてインストールします。
今回は、zabbix-agentのみ作成します。

tar zxf zabbix-3.0.3.tar.gz
cd zabbix-3.0.3
./configure --prefix=/usr/local --enable-agent
sudo make install

環境設定

zabbix用アカウントを作成してログのディレクトリも用意します。

sudo groupadd zabbix
sudo useradd -g zabbix -s /bin/false -M zabbix
sudo mkdir /var/log/zabbix
sudo chown zabbix:zabbix /var/log/zabbix

zabbix-agentの起動設定ファイルをソースのサンプルからコピーします。

sudo cp misc/init.d/ubuntu/zabbix-agent.conf /etc/init
sudo cp misc/init.d/debian/zabbix-agent /etc/init.d

systemdの起動に合わせたinfo情報を追記します。

/etc/init.d/zabbix-agent
#!/bin/sh

### BEGIN INIT INFO
# Provides:          zabbix-agent
# Required-Start:    $remote_fs $netw
# Required-Stop:     $remote_fs
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: Start zabbix-agent
### END INIT INFO

zabbix-agent設定ファイルは以下を編集します。

/usr/local/etc/zabbix_agentd.conf
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
Server=[zabbix serverのIPアドレス]
Hostname=[zabbix agentのホスト名]

起動方法

以下の起動コマンドでzabbix-agentが起動します。

sudo /etc/init.d/zabbix-agent start

自動起動

システムの再起動時にzabbix-agentを自動起動させる。

sudo apt-get install sysv-rc-conf
sudo sysv-rc-conf zabbix-agent on

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5