search
LoginSignup
13

More than 5 years have passed since last update.

Organization

Route53 で CloudFront、ELB、S3 をエイリアス設定した場合の TTL

Route53 でエイリアスレコードを設定する場合の TTL についてまとめました。

CloudFront、ELB、S3 を設定する

Choosing Between Alias and Non-Alias Resource Record Sets

If an alias resource record set points to a CloudFront distribution,
an ELB load balancer, or an Amazon S3 bucket, you cannot set the time to live (TTL);
Amazon Route 53 uses the CloudFront,
Elastic Load Balancing, or Amazon S3 TTLs.

CloudFront、ELB、S3 をエイリアスレコードで設定する場合は Route53 側では TTL を設定出来ないようです。代わりにそれぞれの TTL を利用するようですね。
それぞれの TTL はいくつなのでしょうか?

ELB の TTL は 60 秒

Configure Custom Domain Name for Your Load Balancer

The time-to-live (TTL) for an Elastic Load Balancing DNS entry is set to 60 seconds.

どうやら ELB の TTL は 60 秒のようです。

CloudFront と S3 も 60 秒

ANAME Records for CloudFront

Firstly, CloudFront and S3 both use short 60 second TTL (cache lifetime) settings on DNS records.

CloudFront と S3 の TTL も 60 秒のようです。

dig コマンドで確認

ホントにそうなってるの?というのは dig コマンドで確認できます。

$ dig xxx.server.jp
xxx.server.jp.  60  IN  A   123.456.777.889

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
13