Help us understand the problem. What is going on with this article?

日付の差分を「○年△ヶ月」で取得する in Rails

More than 5 years have passed since last update.

ある期間の開始日時が分かっていて、現在まで何年何ヶ月以上経過しているのかの差分を取って欲しい、みたいな要件が Rails でありました。

はじめに考えた

Rails にはdistance_of_time_in_words_to_nowというまさになヘルパーメソッドがあるのでそれの利用を検討したんですが、このメソッドは「1分」「3分」「5分」みたいに近い時間は細かく扱ってくれるけど、期間が長くなると「約1ヶ月」「約2年」みたいに結構マルっと丸めてくれるので用途に合いませんでした。ということで自前で実装することにしました。

日付の差分を「○年△ヶ月」で取得する

  def distance_of_time_in_words_to_now(from_time)
    distance_of_time_in_words(from_time, Time.now)
  end

  def distance_of_time_in_words(from_time, to_time)
    from_time = from_time.to_date if from_time.respond_to?(:to_date)
    to_time = to_time.to_date if to_time.respond_to?(:to_date)
    years = 0
    months = 0
    loop {
      from = from_time + years.year + months.month
      if    (to_time - (from + 1.year))  >= 0 then years  += 1
      elsif (to_time - (from + 1.month)) >= 0 then months += 1
      else break
      end
    }
    distance = ''
    distance += "#{years}年 " if years != 0
    distance += "#{months}ヶ月"
  end

from を「1年」or「1ヶ月」ずつズラしていって「○年△ヶ月」を計算するようにしました。もう少し書き足せば「○年△ヶ月□日」とかもイケそうですね。

まとめ

こういうときの悩みどころは「1年」や「1ヶ月」の扱いだと思います。「1年 = 366日」の年もあれば「1ヶ月 = 28日」の月もあるわけで、どうやってその辺をうまく「1年」「1ヶ月」として扱うかということ。
自前で「?年?月だからこの月は 28日」とか「?年だから 366日」とか実装することを考えると・・・いや考えたくないですね。今回は ActiveSupport にその辺を任せることでうまく実装できました。ありがとう ActiveSupport。

ogin_s57
heartrails
ハートレイルズは、新規事業の立ち上げに伴うウェブサービス、スマホアプリの企画、開発、運用に特化した開発会社です。
http://www.heartrails.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした