Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
12
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@odm_knpr0122

新人にRPAを教えるときにやったことまとめ

概要

今年入社した文系大学出身の新卒後輩ちゃんに、RPAについて教えることになった時に意識したことをまとめました。
RPAを推進していくにあたり、ノンテク部門の方への教育/指導は避けては通れない道だと思うので、少しでも参考になれば幸いです。

経緯

今年度入社の新人ちゃん:woman:(新卒、演劇学科卒)が弊社RPAグループに配属されてきました。
話を聞くと「これまでプログラミングはやったことないです:woman:」とのこと。
そんな彼女にRPAとプログラミングの基礎の基礎を教えるための試行錯誤が始まりました・・・

教えるときに意識したこと

1.処理の組み立て方から教える

一番最初に、フローチャート(流れ図)について教えました。
「どんな処理を」「どんな流れで」「どうやって処理するか」を視覚的に表現できるので、教える側としても伝えやすいです。
また、実際にロボットを作る前に一度流れ図を作成してもらうことで、処理について互いに把握しやすくなります。

2.極力身近なものに例える

身近なものに例えることで、「プログラミング=なんだか難しい…」というイメージを持たれないように気を付けました。

たとえば…

  • 変数は値を保存する箱
  • 眼鏡は眼鏡ケース、名刺は名刺入れのように入れるものによって箱(変数)の形は変わる
  • 配列は薬ケース

などなど

3.聞ける環境を作る

分からないことがあれば迷わずに聞ける環境づくりを意識しました。
聞くための手段(メール、Slack、口頭、Skype)は社内で既に構築済なので、
疑問点をざっくばらんに聞ける関係性の構築に力を入れました。

4.調べ方を教える

四六時中後輩について指導ができるわけではないので、自力で解決できる力を身につけられるよう意識しました。
困っている内容をうまく言語化して、その対処方法をさらにRPAツールに絞り込んで調べるって案外慣れないと難しいので、
最初のうちは「このワードで調べれば出てくるんじゃないかな?」とアドバイスしてました。

知りたい内容 難易度 対処
調べれば解決できる 調べ方を教える
調べるのにコツがいる 参考になるサイトを教える
調べても出てこない やり方を教える

※質問できるコミュニティがある場合はそちらへ誘導してもよかったかもと反省してます:thinking:

5.聞かれても答えられる知識を身につける

あらかじめ後輩に解かせる問題は自分で作成/検証しておくのは大前提として、自分自身としても様々な方法を試してみたり、学習コンテンツが充実しているツールであればその学習コンテンツに目を通すことで知識を蓄えてました。(UiPath 〇cademyとか・・・)
質問してくれた後輩を「分からないから〇〇さんに聞いて!」とたらい回しにしないで済むように、極力自分が回答できるように意識しました。

6.それでも分からないことは周囲を巻き込んで解決

そうはいっても限界は来ます(無慈悲)
その場合はグループメンバーで解決方法を探りました。
メンバー全員が見れるSlackで解決方法を探ることで後輩と私だけでなく、グループメンバー全員で成長できたように思います。

結果

後輩ちゃんだけでなく自身もとても成長できました:cherry_blossom:
上司、後輩、私の3人でLT登壇もしました
なんと、後輩ちゃんは12月に内定者向けのハンズオンまで実施しました!

人に教えるメリット

  • 相手を納得させられる説明のため、自分が納得できるほどの情報をインプットする必要がある
  • 相手に分かりやすく伝える方法を考えたり、実践できる(分かりやすかったかどうかのフィードバックも得やすい)
  • 相手からの異なる視点からの疑問を知ることでさらに知識を深められる
  • 頼ってもらえると嬉しい(個人の感想です)

と、教える側のスキルやモチベーション向上にもつながります!

余談ですが…

職場の上司や先輩と一緒に技術書典で同人誌を出したいなと思ってます。(所属組織は関係なく個人としての出展です)
私はこの「教育」に関する部分をさらに掘り下げて書く予定ですが、ほかにも上司の目線による「採用」の面、先輩の目線による「組織編成」の面など、それぞれがRPA業務を行ったうえで得た「RPAのしみこませ方」についてまとめた本にしたいと思っています:sunny:
興味がある方は、技術書典で僕と握手!:muscle:
※当選するか、出版できるかどうかはまだ分かりませんが、ダメでも誰かしらがRPAについての本を出してくれると思います…

→ダメでした:sob:
ですが、RPAに関する同人誌を出す予定の方が何名か当選されているため、参加者としてぜひ握手しましょう:raised_hand_tone1:
電子版での出版や委託など、何らかの形での出版が決まりましたらまたご連絡します!

12
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
12
Help us understand the problem. What is going on with this article?