Ionic2でプラグインを使うとき - GitHubで公開されているプラグインのインストール先は固定化しておくと吉

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    辛いことが起きた。

    GitHubで公開されているプラグインの更新が掛かった結果、全く動作しなくなってしまった。

    Ionicでpluginをインストールするときに、コミットのハッシュ値かブランチ名(たぶんタグもOK)を指定すると、そういったことが起こらないようになる(もしくはforkしとくとかね)。

    プラグインを追加するときに、次のコマンドを打つと、そのコミットのハッシュ値のファイルをダウンロードしてくれる。

    ionic plugin add http://github.com/作者/リポジトリ名#ハッシュ値
    

    でも、package.jsonに記載される値はどうも保存されないようなので、同じプロジェクト内の他の人でも同じバージョンが使えるように書き換えておく。

    package.json(修正前)
    {
      "cordovaPlugins": [
        {
          "locator": "http://github.com/作者/リポジトリ名",
          "id": "プラグインのID"
        }
      ]
    }
    
    

    package.json(修正後)
    {
    
      "cordovaPlugins": [
        {
          "locator": "http://github.com/作者/リポジトリ名#ハッシュ値",
          "id": "プラグインのID"
        },
    
      ],
    }
    

    なにか悪いことをしてしまったのかと自分のプロジェクトのブランチを戻って調査した時間のことを考えると涙が出てきます。