GitHubのIssueテンプレートジェネレーターを作った

  • 5
    Like
  • 0
    Comment

作ったもの

GitHubのIssueのテンプレートを作るためのツールです。
image

なぜ作ったのか

記事「GitHub Issueはテンプレート化で、綺麗に書かせる!」で紹介されているように、Issueの作成ページにGETパラメータを渡すことで、Issueの初期値を設定できます。

このテンプレートに指定する文字ですが、URLエンコーディングをしなければならないので、少し作成するのが面倒です:thinking:でも、このジェネレータを使用すれば、誰でも簡単にテンプレートを作ることができます:smiley:

Issueテンプレートジェネレータの使い方

  1. [リポジトリURL]に、Issueテンプレートを作りたいリポジトリのURLを入力します。
  2. [タイトル]に、テンプレートとして入れておきたいタイトルを入力します。
  3. [テンプレート]に、テンプレートとして入れておきたい本文を入力します。
  4. [生成する]ボタンを押すと、テンプレートが挿入されたIssueページに遷移するので、遷移した先のURLをコピペして、GitHubのWiKiなどにリンクとして挿入します。

Issueのテンプレートを活用しよう

このツールを使うことで、「バグ報告」「議論」「要望」などの複数のテンプレートを作ることができます。Issueの内容の不備による不毛な質問を減らすためにも、ぜひ使ってみてください:muscle: