Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS Cloud9 / Laravel 5.8】make:authして認証画面を作ったけどリンク先が反応しない

スクリーンショット 2020-01-13 1.03.27.png

こんにちは、にゃーんです。昨日Laravelを始めたばかりの者です。
たぶん初心者すぎて笑える内容です。どうか温かい目で見てあげてください。
間違いやまずい部分があれば訂正しますので、ご指摘あればお待ちしています。

トラブル内容

以下のサイトを参考にAWS Cloud9に登録して開発環境を整えた。

(バージョンはphp7.1、Laravelは5.8)

参考: AWS Cloud9 で Laravel を使ってみた。【環境構築】

次にデータベースを構築した。

参考: AWS Cloud9 で Laravel を使ってみる【データベース構築】

そのあとLaravelのドキュメント通りに認証機能をつけた。

スクリーンショット 2020-01-13 0.19.42.png

引用元: https://readouble.com/laravel/5.8/ja/authentication.html

そして何事もなく初期画面に"Login"と"Register"が表示された。

スクリーンショット 2020-01-13 0.14.23.png

と思ったら、

"LOGIN"をクリックしても全く反応がない。

調べまくってもみんなログイン画面にちゃんと飛んでいるのに、なぜか飛ばない。
エラーも出ないので、原因が分からなくてしばらく泣いた。

原因

route()で吐き出されるURIが"http:〜"になってたので、Cloud9のプレビューだとリンク先に飛ばない模様。

解決策

常時SSLになるように"app/Providers/AppServiceProvider.php"を書き換えたところ、とりあえずリンクが機能するようになった。

app/Providers/AppServiceProvider.php
use Illuminate\Routing\UrlGenerator;

class AppServiceProvider extends ServiceProvider
    public function boot(UrlGenerator $url)
    {
        $url->forceScheme('https');
    }
}

引用元: [Laravel]常時SSLなアプリケーションでのURL生成のベストプラクティスを考える

ご意見お待ちしています。

エンジニアになって日が浅いのでこれが正しいのか分からないところもあります。色々まずいよーってことがあればぜひお知らせください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした