Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-V上にArch LinuxをインストールしてXfceを使えるようにするまで使用した資料

More than 3 years have passed since last update.

microsoft-hyperv-reference.jpg

今回の目的

  • Windows10にしたらVirtualBox動かねえ
  • Hyper-Vとやらがあるじゃないか
  • どうせならArch Linux入れてみようかな触ったこと無いし
  • GUI環境作るまでやってみようかな

といういつもどおりの血迷った思考回路でお送りします。

さっそくHyper-Vでつまづく

Windows10のWindowsの機能を有効化したものの
再起動してもスタートメニューに現れず、
お手上げだったのですが、
Install Hyper-V on Windows 10(英語)
Hyper-V をインストールして仮想マシンを作成する
の中にPowershellでインストールする項目があったので
試しに再度インストールしてみた。(要管理者権限)

# Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All

再起動したらちゃんとHyper-Vマネージャー出てきた!

仮想スイッチって何・・・

皆さんお察しだと思いますが、
筆者は説明書読まないでとりあえず触ってみるタイプです。
仮想スイッチ無いとネットつながらないとか知りません。
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
スクリーンショット 2016-04-11 03.48.12.png
こんな感じに設定してことなきを得ました

第1世代、第2世代って何・・・

次世代テクノロジーでも使う設定かと思ったら違うんですね。
第 2 世代仮想マシンの概要
UEFI使ったり出来るらしい。
興味があったので設定してみたんだけど
Hyper-v 第2世代でarchlinuxをインストール(長文注意) - hikof の備忘録
こちらの記事によると

archlinux.org で配布しているインストールiso(2014.09.03)を使って、Hyper-v第2世代仮想マシンを作ろうとすると、インストールiso起動はできるものの、キーボード入力ができず、インストール実施が不可能だった。

ということらしく、
2016.04.01のイメージファイルを使用したのですが、
同様の状態でした。
こちらの記事に導入方法は書いてあったのですが、
ごめんなさいカーネルビルドとかめんどくさかったです。
なので大人しく第1世代でインストール始めました。

仮想マシンの作成

仮想マシン作成の流れはVirtualBoxとかVMwareと
そんなに体感変わらなかったので
比較的スムーズに作成できました。
リソースはケチったけど。
※仮想スイッチの設定忘れずに

isoファイルを読み込んで起動

ではインストール作業へ
作業の流れとしては

  1. パーティション設定
  2. フォーマット
  3. マウント
  4. ベースシステムのインストール
  5. GRUB(ブートローダ)のインストールと設定

参考

1から5までは3つ目の参考記事でだいたい問題なく導入出来ました。
nanoに慣れてなさすぎて結局vim使っちゃったけど

GUI環境(Xfce)導入

流れ

  • X インストール
  • Display Managerのインストール(SLiM)
  • Windows managerのインストール(Xfce)

参考

こちらの記事を元にインストールしました

Xfce

個人的に好きだったのでこれにしました

記事と違う内容

Hyper-Vのドライバ

VMwareやVirtualBoxの場合は必要ないです

とあったので
いけるかな・・・?と思ったんですけど無理だった。

それで調べたら
Hyper-V上にArch LinuxでX Window Systemを使う時に入れるドライバ
見つけました。(思わず記事書いちゃった。)

.xinitrc

# cp /etc/skel/.xinitrc ~/

ファイルがないよーって言われたので
Start X at Login
こちらのリンクを見てみました

$ cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

あった。

でもこのままでデスクトップ起動したら滅茶苦茶な状態になった

~/.xinitrc
...

if [ -d /etc/X11/xinit/xinitrc.d ] ; then
    for f in /etc/X11/xinit/xinitrc.d/?*.sh ; do
        [ -x "$f" ] && . "$f"
    done
    unset f
fi

# twm &
# xclock -geometry 50x50-1+1 &
# xterm -geometry 80x50+494+51 &
# xterm -geometry 80x20+494-0 &
# exec xterm -geometry 80x66+0+0 -name login

## some applications that should be run in the background
xscreensaver &
xsetroot -cursor_name left_ptr &

exec openbox-session

不要箇所はコメントアウトしてねって書いてあった。
大人しくサンプルにしたがって設定ファイルを書き換えます。

あとは再起動すればXfce環境の出来上がり。

お疲れ様でした

Arch良いですね。最低限の環境からインストール出来るし、
更新も頻繁らしく、パッケージも最新のものが多いらしいので
うまいこと使いこなせるようになりたいと思います。
Gentooは流石に難しかったので本当にArchがあって助かった。

利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

nukokoi
WEB系が多め、スプレッドシートネタが増えました。Unityでゲーム作りたい。perlやrubyはうろ覚え。組み込み系は触れたことない。PythonはGAEでHello worldやっただけ。GASが楽しい今日このごろ。そろそろjekyllで作ってるサイトを更新したい。
http://nukokoi.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away