Mac
VSCode

Visual Studio Code [vsCode] 日本語化


環境

Mac 10.14


ソフトをダウンロード

https://code.visualstudio.com

上記リンクからソフトをダウンロード(Stable Build版)

ダウンロードしてきたzipを解凍する。解凍できたらFinder(ダウンロードのディレクトリ)から

アプリケーションのディレクトリに「Visual Studio Code.app」をドラッグして移動しておくといい。

(アプリケーションディレクトリ内に移動させると、Launchpadから起動できるようになる。)

移動できたら「Visual Studio Code.app」を実行。

スクリーンショット 2018-09-15 2.19.43.png

スクリーンショット 2018-09-15 2.04.23.png


設定作業

スクリーンショット 2018-09-15 1.45.15.png

起動したウィンドウ画面左側の、アイコンメニュー内の一番下のアイコンをクリック

左側にMARKETPLACEのサーチメニューが表示されるので
グレーの欄に以下を入力してEnter

Japanese Language Pack for Visual Studio Code

スクリーンショット 2018-09-15 1.41.09.png

スクリーンショット 2018-09-15 1.36.39.png


そしたら表示された 「Japanese Language Pack ~」 をインストールする。
(緑色のInstallボタン)

スクリーンショット 2018-09-15 1.41.54.png


インストールが完了したら、Japanese Language Pack を読み込むために locale.json 内で "locale": "ja" を設定します。locale.json を編集するには Ctrl+Shift+P を押してコマンド パレットを表示させ...


Mac は Ctrl じゃなくて command なんだよな...

command + shift + p

を押してコマンドパレット(入力欄)を開き、下記のように入力

>configure display language

※ 上記入力値と画像の内容が若干異なるのはお気になさらず。。。

スクリーンショット 2018-09-15 1.51.01.png

表示された 「Configure Display Language」 をクリックすると

locale.jsonファイルが開くので

「en」 と表記されている部分を 「ja」 に変更

スクリーンショット 2018-09-15 1.51.30.png


locale.jason

    "locale":"ja"


command + s

で上書き保存してから

一旦 Visual Studio Code を終了( command + q )する。


注意

command + w じゃなくて

command + q ね!

# 「command + w」 や、 「xボタン」 でウィンドウを閉じた場合は、
# DockメニューからVisual Studio Codeのアプリアイコンを右クリックし、「終了」をクリックして終了させる。


もう一度 Visual Studio Code を起動して、

UIの言語が日本語に切り替わっていれば設定完了。


参考


VisualStudioCodeの日本語化

フロントエンドでも快適に使える! Visual Studio Code のあれこれ