Help us understand the problem. What is going on with this user?
@nrslib
DDD とかアーキテクチャ関連の話が好きです。
Following tags are none
Comments
v-model に関してすでに皆さんが仰っていますが、 今回のケースですと Child.vue にて v-model を使わず、 :value でバインドし、イベントをハンドリングして上位コンポーネン...
@hohohoris さん まさにです。 修正します!
@back2sea さん その通りです。 他の方からも編集リクエストがきていたので適用いたしました!
@nogizaka46 さん ご覧いただきありがとうございました。 ログについては自分の実際にやったプロジェクトベースでお話しますと、`UseCases`の処理実行直前の InputData をシリ...
@shu-yusa さん あー、そういう意味でしたか。 現在の`UserCreateUseCaseInterface`と`UserGetListUseCaseInterface`は引数となるコマン...
@shu-yusa さん 質問の趣旨に沿っているか分からないのですが、`UserCreateUseCaseInterface`というインターフェースを宣言している理由は差し替え可能にするためです。 `...
@hareku さん 遅くなりましたが、ログイン機能とセッション情報を利用したデータ取得のサンプルを追加してみました。 簡単に解説するとセッションについてはドメインロジック(package\Doma...
@hareku さん ありがとうございます。 Session はたとえばログインとかでしょうか。 Interactor 上で Session は操作せず、`UserContextInterface...
@atsu_kg さん 学習を進める上で理解の助けになったようであれば何よりです。 依存関係についてはルールをよく周知しておくぐらいです。 というのも元の実践クリーンアーキテクチャの記事には載せてあ...
@miyapei さん 少しでも参考になるような部分があればよかったです! ありがとうございます。 自分は SPA ばかりで開発してたもので、バックエンドは結果 (json) を返すばかりになってま...
@miyapei さん 参考になったようであれば幸いです。 これも一例(しかも崩している)に過ぎないのでどうぞ扱いやすい部分を抜き出して、うまく適合するようにしていってください!
@todesking さん そもそも「依存とはなんぞや」からの「オブジェクトではなく抽象に依存せよ」という大前提のお話についてですね。 よく「依存しすぎじゃない?」という会話は「(特定の具象オブジェク...
@Gelt さん すみません、コメントに気づいておらずお返事しておりませんでした。 まさに仰る通り import しないと動きません。 文章を全体を通して再度確認したところ「 import する」...
@popona さん スライドについてはあちらで……。 とはいえ折角頂いた質問なのでこの場でお答えします。 クラス自体が増えることは「ここに配置したら自然と見つけることができるよね」と考えながらパ...
@HideakiSaito さん お役に立てたようでうれしいです。 初学者を教えるのはとても大変な仕事ですが、やり甲斐があることだと思います。 この記事がその一助となるようでしたらうれしいです。 ...
@yuya_presto さん 返事したつもりで返事できていませんでした。 Vue.extend の構文も進化していたのですね。 自分が手を付けたころには vue-property-decorato...
@kawamurakeigo さん ご覧いただきありがとうございます。 継承については三種類に分けられるポリモーフィズムのうちのひとつに過ぎないので、カプセル化やポリモーフィズムと並べて紹介すべきで...
@odakura さん 確かにそうですね! そう考えると、長文のこの記事は……!
@ponponner さん お疲れ様でした。こちらこそ最後まで脱落せずお付き合いいただきありがとうございます! スライドの方が情報量は減りますが視覚的にわかりやすいというだけで、内容はほぼほぼ同じで...
@Zuishin さん これはまたお恥ずかしい話ですが、シグネチャという言葉を知りませんでした。 インターフェースと interface で使い分けてましたが分かりづらいですよね。 いつもここの分か...
@scivola さん 恥ずかしながら捨象という言葉を知りませんでした。 仰る通りだと思いますので、後ほど論旨を「取り出すこと」に変えて修正しようと思います。 また理解をしやすいように詳しい解説まで...
@kne-cr さん 確かに OOP? 勉強したけどよくわからん! といった方のほうが想いが伝わりそうだと思います。 完全初学者にはまた違ったアプローチが必要そうですね。精進いたします!
@kmifa 編集リクエストありがとうございました! 全くお恥ずかしい! [メソッド名が間違っていましたので、編集リクエストを送らせていただきます。](/nrslib/items/be90cc19f...
@kacchan6@github さん ありがとうございます。 光栄です。 未来のエースたちの糧となれれば幸いです! @Gaccho さん 少しでも理解の助けになったのならうれしいです。 こちらこそ...
@shiganai_programmer1129 さん 共感頂き、またお褒めの言葉もいただきうれしく思います。 記事を公開するときは怖い気持ちもありましたが、そういうお言葉を頂くと勇気を出して公開した...
@TakuTaku04 さん そうなんですよねぇ。 無いならとりあえず自分で書こうかな、と思ったのがこの記事でした。 お役に立ったようで幸いです! typescript で vuex は使っていない...
うわーうれしいです。こちらこそ読んでいただいてありがとうございます! お役に立ったのであれば幸いです!
ユースケース毎にエラーコードの enum を定義しているのでコンフリクトしたことはないですねぇ。 API の場合は仰る通りで、クライアントへ渡すエラーコードは形式を決めて資料ベース(Swagger ...
  • 1 / 1
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした