Raspberry PiをWLI-UC-GNMEで無線LANに接続する

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Raspberry Piを無線LANに接続して、SSHでログインできるようにします。

無線LANの子機にはWLI-UC-GNMEというBUFFALOのWi-Fi子機を使います。

Raspberry PiへのOSインストールなど初期設定は済んでいるものとします。

参考: MacOSXでRasberry PiにRaspbianをインストールする


Wi-Fi子機の設定

まずはとにかくネットワークにつなげましょう。

USBに子機を挿します。

lsusbコマンドを打つと、Wi-Fi子機を認識しているはずです。

次のコマンドでWi-Fiの設定を設定ファイルに書き込みます。

SSIDとPASSPHRASEは接続したいネットワークのものを入力してください。

wpa_passphrase SSID PASSPHRASE | sudo tee -a /etc/wpa_supplicant/myhome.conf

今作ったファイルを編集します。


/etc/wpa_supplicant/myhome.conf

network={

ssid="SSID"
psk=hogehogehogehoge
proto=WPA WPA2
key_mgmt=WPA-PSK
pairwise=CCMP TKIP
group=CCMP TKIP
priority=2
}

次は、/etc/network/interfacesを編集します。

サーバとして使うときなど固定IPを使いたい場合は、次のように設定します。

wlan0の部分がWi-Fiの設定です。


/etc/network/interfaces

auto lo

iface lo inet loopback

auto eth0
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet manual

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.11.99
netmask 255.255.255.0
network 192.168.11.0
broadcast 192.168.11.255
gateway 192.168.11.254
dns-nameservers 192.168.11.100
wireless-essid SSID
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/myhome.conf


DHCPを使いたい場合は、次のようにします。


/etc/network/interfaces

auto lo

iface lo inet loopback

auto eth0
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet manual

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wireless-essid SSID
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/myhome.conf


設定ができたら、ネットワークを再起動します。

sudo service networking restart

たまにFailedと出ますが、何回かやると成功する場合もあります。

再起動できたら、適当にpingでもしてみましょう。

pi@raspberrypi ~ $ ping yahoo.co.jp

PING yahoo.co.jp (183.79.135.206) 56(84) bytes of data.
64 bytes from f1.top.vip.kks.yahoo.co.jp (183.79.135.206): icmp_req=1 ttl=56 time=27.0 ms
64 bytes from f1.top.vip.kks.yahoo.co.jp (183.79.135.206): icmp_req=2 ttl=56 time=18.2 ms
64 bytes from f1.top.vip.kks.yahoo.co.jp (183.79.135.206): icmp_req=3 ttl=56 time=19.9 ms
^C
--- yahoo.co.jp ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2003ms
rtt min/avg/max/mdev = 18.254/21.723/27.004/3.798 ms


SSH設定

SSHの設定をします。設定というか、公開鍵を~/.ssh/authorized_keysに置いて公開鍵認証でログインできるようにするだけです。

今回はGithubから公開鍵をダウンロードしてきます。

mkdir .ssh

curl -o .ssh/authorized_keys https://github.com/nownabe.keys
chmod 600 .ssh/authorized_keys
chmod 700 .ssh

手元のPCからSSHでログインしてみます。

$ ssh pi@192.168.11.99

Linux raspberrypi 3.18.11+ #781 PREEMPT Tue Apr 21 18:02:18 BST 2015 armv6l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat Aug 8 21:05:45 2015 from nownabe.local
pi@raspberrypi ~ $

ログインできました!


おわりに

これでHDMIケーブルもUSBキーボードも抜いてOKです!すっきり!! :laughing:

電源ケーブルもなんとかしたいですね :bulb: