43
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Typesafe ActivatorでPlay framework 2実行環境を整える

はじめに

Windows 7をインストールし直したので、新しくPlay2環境を作ろうと思ったところTypesafe Activatorというものが出てました。
Play Framework、Akka、Scalaが含まれたプラットフォームで、アプリケーションのチュートリアルなどのテンプレートが用意されています。

環境

  • Windows 7 Professional 64bit
  • JDK 1.7.0 25
  • Typesafe Activator 1.1.2
  • Play Framework 2.2.3

作業

Step 1

Play 公式サイトからTypesafe Activatorをダウンロードして、適当なフォルダに展開します。

Step 2

展開されたフォルダの中のactivator.batを実行します。コマンドプロンプトが立ち上がり、Playアプリケーションが起動します。

activator bat.JPG

そのうち勝手にブラウザが立ち上がりActivatorのスタート画面が表示されます。

activator launch.JPG

Step 3

左側のテンプレート選択画面で、チュートリアルのHello Play Frameworkを選択します。
フォルダを選択できるので、適当なフォルダを選びます。

Createボタンをクリックすると、プロジェクトの作成が開始されます。
結構時間かかります。

作成が終わると、「Your application is ready」という画面が表示されます。

activator app is ready.JPG

Step 4

コードの編集やコンパイル、テストもActivator内でできてしまいますが、今回はとりあえず確認だけしてみます。

左のメニューのRunをクリックすると既に起動されている状態になっていて、Open the app: http://localhost:9000とURLが表示されています。
URLをクリックするとアプリケーションを確認できます。

hello.JPG

おわりに

非常に簡単でびっくりしました。
さすがにコードの編集とかはIDE使った方がよさそうですが、便利ですね~。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
43
Help us understand the problem. What are the problem?