Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacBookProを買ったのでESP WROOM 32を動かそうとしたら詰まった話

More than 1 year has passed since last update.

MacBookProを買った

ずっとWindowsで開発を行なっていたのですがついにMacを買ったのです
わーーーーいMacBookProを手に入れたぞ!!!
メモリ16GB!?!?やべえ!!!
開発がばりばり進むぞ!!!!
と思ってそそくさESP-WROOM32を動かそうとしました

環境

ESP-WROOM32-devkitC
MacBookPro
OSX High Serra 10.13.4

シリアル通信ドライバが動かない涙

MacでESP32のLチカ(ESP-IDF版)
https://qiita.com/naohiro2g/items/79c99eac5254be1d051d
じわじわ進む:ESP32開発ボードをMacで
https://jiwashin.blogspot.jp/2017/03/esp32devkitc-basic-and-idf.html
この辺を参考に開発環境を導入しようとしていたのですが
よしよしclone完了、PATHも通ったぞ〜あとはシリアル通信ドライバを入れて完了だ〜〜
https://jp.silabs.com/products/development-tools/software/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers
ここからMac用VCPをダウンロードしてぽちぽちぽちっと

ls /dev/tty.SLAB*

出ない

/dev/tty.SLAB_USBtoUARTが現れません
ESP32をさしてもケーブルを変えても再起動をしても現れません
Liberary/Etensions/の中には入っているのに現れません。

解決

色々調べてみると High Serraはドライバに厳しいらしく
セキュリティとプライバシー内でこんな感じでブロックされてしまうみたい
スクリーンショット 2018-04-26 1.44.28.png
1回アンインストールして再起動を行い
再度インストールを行いましたが、ブロックも何もされていませんでした。
あれ?と思ったのですがそのまま再起動をしてみると起動時に

CP210xの読み込みがブロックされました

的なメッセージが表示されていたので許可!!!

スクリーンショット 2018-04-26 1.47.10.png

現れてくれました〜〜〜よかったよかった

まとめ

・OSX High Serraはセキュリティが厳しい
・一回再起動してダメならアンインストール
・インストールし直してもダメならセキュリティとプライバシーを開いたまま再起動
・ブロックされてたら許可

Mac開発ライフを楽しみます

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away