Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS CLI 環境変数&リージョンチートシート

よく忘れるのでメモ。

AWS CLI チートシート

AWS CLI 環境変数

export AWS_ACCESS_KEY_ID=xxxxxxxxxxxxxxxx     # アクセスキー
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=xxxxxxxxxxxxxxx  # シークレットアクセスキー
export AWS_SESSION_TOKEN=xxxxxxxxxxxxxxxxxxx  # セッショントークン

export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1      # デフォルトリージョン   
export AWS_DEFAULT_OUTPUT=json                # 出力形式 (json|text|table)
export AWS_PROFILE=default                    # プロファイル名

export AWS_CONFIG_FILE=~/.aws/config          # コンフィグファイルパス
export AWS_SHARED_CREDENTIALS_FILE=~/.aws/credentials # クレデンシャルファイルパス
export AWS_CA_BUNDLE=<AWS_CA_BUNDLE_PATH>     # 証明書バンドルへのパス

リージョン一覧

東京リージョン

# アジアパシフィック(東京)
ap-northeast-1

利用可能なリージョン

us-east-1      # 米国東部(バージニア北部)
us-east-2      # 米国東部(オハイオ)
us-west-1      # 米国西部(北カリフォルニア)
us-west-2      # 米国西部(オレゴン)
ca-central-1   # カナダ (中部)
eu-central-1   # 欧州(フランクフルト)
eu-west-1      # 欧州(アイルランド)
eu-west-2      # 欧州(ロンドン)
eu-west-3      # 欧州(パリ)
eu-north-1     # 欧州(ストックホルム)
ap-east-1      # アジアパシフィック(香港)※要オプトイン
ap-northeast-1 # アジアパシフィック(東京)
ap-northeast-2 # アジアパシフィック(ソウル)
ap-northeast-3 # アジアパシフィック(大阪: ローカル)
ap-southeast-1 # アジアパシフィック(シンガポール)
ap-southeast-2 # アジアパシフィック(シドニー)
ap-south-1     # アジアパシフィック (ムンバイ)
me-south-1     # 中東(バーレーン)※要オプトイン
sa-east-1      # 南米(サンパウロ)

from: リージョンとアベイラビリティーゾーン - Amazon Elastic Compute Cloud](http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-regions-availability-zones.html)

リージョンの有効化

2019 年 3 月 20 日より前に導入された AWS リージョンはデフォルトで有効になっています。これらのリージョンでは、すぐに使用を開始できます。2019 年 3 月 20 日以降に導入された アジアパシフィック (香港) などのリージョンはデフォルトでは無効になっています。これらのリージョンを使用するには、有効にする必要があります。

from: AWS リージョンの管理 - AWS 全般のリファレンス - https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/general/latest/gr/rande-manage.html

リンク

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away