Help us understand the problem. What is going on with this article?

プロセッシングで音を読み取り丸いオブジェクトのサイズを変更する

More than 3 years have passed since last update.

minimのライブラリーをインストールして曲の強弱に合わせ、丸のオブジェクトの大きさを変更させます。

また、プロセシングでライブラリーをインストールするのはメニューから「スケッチ」>「ライブラリーをインポート」>「ライブラリーを追加」を選択します。
追加画面から、minimを検索しインストールができます。

ちなみに、minim自体のライブラリーは次のサイトからダウンロードできます。

minimライブラリーダウンロード
http://code.compartmental.net/minim/

サンプルのMP3は下記のサイトからお借りしました。

サウンドの基本(minimライブラリの使用)
http://r-dimension.xsrv.jp/classes_j/minim/

音源をダウンロードして、processingのファイルと同じ階層に設置します。
そして、下記がソースになります。

````processing 3
import ddf.minim.*; //minimのインポート

Minim minim;
AudioPlayer Player;

void setup(){
size(400, 400); //画面のサイズ

//minimのセッティング
minim = new Minim(this);
Player = minim.loadFile("groove.mp3");
Player.play();

background(255);
}

void draw(){
//音源の左からの音を取り込み。
float num = Player.left.get(1)*1000;
background(255);
noFill();

//左の音を丸の大きさにセットし、ランダムに丸オブジェクトを生成します。
for(int i = 0; i< width/2; i++){
stroke(150, 150, 150);
ellipse(random(width), random(width), num, num);
}
}

音の取り込みが非常に楽だらか、取り込む音を工夫すると他のこともできるかもしれない。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away