TouchDesigner

【TouchDesigner】読み込んだ3D*obj形式ファイルをジオノードとして管理する

More than 1 year has passed since last update.


読み込んだ3D*obj形式ファイルを使いたかった

普通にobj形式ファイルをドラックアンドドロップするだけではFineIN SOPとして表示されるだけなので、

ジオノードして使用するための準備方法です。


手順

GeometryCOMPを置きます。

obj_01.png


ズームしてGeometryCOMPの中に入るとデフォルトのTorus SOPが表示されますので、

Torus SOPを選択して消します。

obj_02.png


objファイルをドラッグアンドドロップでGeometryCOMPの中に挿入します。

obj_03_edit.png


そのままだとFineIN SOPなので、Null SOPを挿入して繋ぎます。

obj_04_edit.png

obj_05.png


繋いだNull SOPのRenderフラグとDisplayフラグ(紫色と青色の点)を有効にします。

obj_06_edit.png


ズームアウトで1つの階層に上がるとジオノードで使用できることができると思いますので、

あとはTouchDesignerで3DCGをレンダリングする際の必要最低限3点セットのRender TOP、

Camera COMP、Light COMPを繋げるとレンダリングが確認できると思います。

obj_07.png