Edited at

JavaScript でテキストエリア内のカーソルのある位置に文字列を挿入する方法


:warning: 注意

この記事の方法では、undo (command + z) や redo (command + shift + z) が効きません。undo や redo を有効にした状態で同じことを実現するための記事を追加で書きましたので、よろしければそちらをご覧ください。

JavaScript でテキストエリア内の文字列を書き換えた際に undo や redo が効くようにする


実現したいこと

テキストエリア内に下記のような文章があったとします。


markdown

# 家族旅行

今日は家族で旅行に行ってきました

とても楽しかったです


「今日は家族で旅行に行ってきました」と「とても楽しかったです」の間にカーソルがあったとして、このカーソルの位置に JavaScript で文字列を挿入したいときの実現方法を紹介します。

たとえば文章の途中で画像をアップロードしたくなったときに、ユーザが画像をアップロードして、その処理が終わったあとに JavaScript で以下のようなマークダウンをカーソルの位置に自動挿入する、などの機能を実現したいときを想定しています。


markdown

![travel](/images/travel.png)



実現方法

以下の JavaScript で実現できます。

var textarea = document.querySelector('textarea');

var sentence = textarea.value;
var len = sentence.length;
var pos = textarea.selectionStart;

var before = sentence.substr(0, pos);
var word = '挿入したい文字列';
var after = sentence.substr(pos, len);

sentence = before + word + after;

textarea.value = sentence;

カーソルの位置を取得するには selectionStart を使用します。selectionStart は、テキストの一部の範囲が選択状態になっているときの、選択開始の位置を取得します。選択終了の位置を取得するものとして selectionEnd も用意されています。

これらはテキストが選択状態になっていなくても使うことができます。選択状態になっていない場合は、カーソルの位置を取得することができます。選択状態でない場合は selectionStartselectionEnd は同じ値を返すので、どちらを使用しても良いです。今回は selectionStart を使用しています。

各変数の内容を下にまとめます。

変数
意味

sentence
テキストエリア内の文章

len
文章の文字数

pos
カーソルの位置

before
カーソルより前にある文章

word
挿入したい文字列

after
カーソルより後にある文章

先ほど説明した selectionStart を使用してカーソルの位置を pos に代入しています。

beforeafter には substr() を使用し、それぞれカーソル前後の文章を代入しています。substr() は第一引数に取得する文字列を開始する位置、第二引数に文字数を指定して「第一引数の位置から第二引数の文字数分だけ文字列を抽出する」関数です。

これで文章をカーソル前後で分けることができたので、before + word + after でカーソルの位置に文字列が挿入された文章が完成します。これをテキストエリアに代入することでカーソルの位置に文字列を挿入することができます。