Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Ruby on Rails】GitHubに公開したくない変数や値を隠してpushする方法

More than 3 years have passed since last update.

GitHubで公開したくないデータ(パスワードなど)を別ファイルに書いておいて、viewやcontrollerでそのデータを使う方法を紹介します。今回は環境変数を使用してデータを参照できるようにします。

環境

Ruby on Rails 4.2.6
Ruby 2.0.0p353

dotenvのインストール

環境変数を使うためにdotenvを導入します。Gemfileに下記を追加します。追加する場所はループの中以外ならどこでもOKです。

Gemfile
gem 'dotenv-rails'

上記を追加したらbundle installを実行します。

$ bundle install

環境変数を定義

dotenvでは.envというファイルの中に書いてあるデータを参照します。.envをアプリケーションディレクトリのルートディレクトリ(appやdbやGemfileがあるディレクトリ)に作成し、公開したくないデータを定義します。

.env
LOGIN_NAME='noraworld'
LOGIN_PASSWORD='fh328sd9fshkq342bsfhsfuew'

環境変数の使い方

viewやcontrollerで以下のように書けば使えるようになります。

viewやcontroller内のファイル
ENV['LOGIN_NAME']
ENV['LOGIN_PASSWORD']

gitignoreに追加

隠しておきたいデータを定義した.envファイルをGitHubに公開してしまっては意味が無いのでこのファイルは公開しないようにします。.gitignoreに下記を追加します。

.gitignore
/.env

これで.env内のデータを隠してGitHubでコードを公開できるようになります。

参考サイト

Railsで環境変数をライトに使う

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした