Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unity】ユニティちゃんを走らせる。矢印キーで手軽にユニティちゃんを走らせる。(簡単編)

More than 1 year has passed since last update.

環境メモ
⭐️Mac OS Mojave バージョン10.14
⭐️Unity 2018.2.15f1

2018.12.2時点の内容です
矢印キーで手軽にユニティちゃんを走らせる。(簡単編)

無料で使えるUnity公式キャラクターUnity Chanを使って、手軽に動かします。

完成版↓↓↓↓↓
smallUnityChan.gif

1.Unity chanをダウンロードする
http://unity-chan.com/

「UnityChan_1_2_1.unitypackage」インポートする

001_1.png

001_2.png

001_3.png

3.Assetsストアから空「Sky5X One」をダウンロードしてインポートする

003.png

003_1.png

003_2.png

4.Assetsストアから床「Yughues Free Wooden Floor Materials」をダウンロードしてインポートする

004.png

004_1.png

004_2.png

004_3.png

5.ヒエラルキーウィンドウから「Create」「3DObject」「Plane」を選択する
005.png

6.「Scene」を選択して床のテクスチャを配置します。
006.png

7.「Window」「Rendering」「Lighting Settings」を選択する
007.png

8.「Scene」「Skybox Material」で空のテクスチャを選択する
008.png

9.空と床のテクスチャが完成
009.png

10.Unity Chanを配置する
Assetsの中の「UnityChan」「Prefabs」「for Locomotion」の中にある
「unitychan_dynamic_locomotion」を配置する

012.png

11.カメラの位置をいい感じの位置に調整するには
ヒエラルキーウィンドウの「Main Camera」を選択し、「Game Object」「Align With View」を選択する

011.png

12.画面左上の「Face Update」を消すには、「Face Update」をチェックOFFする。
画面左下の「Random Wind」を消すには、「Random Wind」をチェックOFFする。 

013.png

013_1.png

14.画面右上の「Interaction」を消すには、「UnityChanControlScriptWithRgidBody
.cs」を開き、「OnGUI」メソッドをコメントにする
014.png

014_1.png

014_2.png

15.unity chanの配下に「Main Camera」を配置する
015.png

完成!!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away