Edited at

リファクタリングのしやすいエディタを使うこと

最近、利用している言語の統合開発環境を乗り換えた。

その最大の理由は、リファクタリングのしやすさだ。

[refactor][rename]

[refactor][extract method]などの操作が利用できる。

そのことを十分に理解していなかったままに、従来の統合環境を使い続けていたことが悔やまれる。


  • データメンバーの名前を変えるときに、エディタで一つひとつ変えていくのは手間が多すぎる。

  • リファクタリングのしやすいエディタでは、データメンバーやメソッドの名前を変更するときに、きちんと文脈を理解して、その該当するデータメンバー・メソッドだけを変更してくれる。save()などというメソッドがあったときに、きちんと該当するものを区別してくれる。

  • 単体テストを実行する枠組みでも、統合開発環境によっては、選んだ単体テストだけを実行できる。

だから、リファクタリングのしやすいエディタを選んで使うことだ。

Pythonの場合

PyCharm

https://www.jetbrains.com/pycharm/download/#section=linux