rbenv で Ruby を Debian にインストール

  • 41
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

RVM よりもシンプルな Ruby のバージョン切り替えシステムである rbenv を使って Ruby を Debian にインストールするメモ.

ビルドに必要なパッケージ一式を入れる.(RVM の notes を参考にした)

$ sudo apt-get install build-essential bison openssl libreadline6 \
    libreadline6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev \
    libsqlite3-0 libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf \
    libc6-dev ncurses-dev

公式を参考にして rbenv をインストールする.

$ cd
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

rbenv 単体では Ruby をインストールする機能がないので,ruby-build をインストールする.

$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ cd ~/.rbenv/plugins
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git

シェルを再起動する.端末を再起動するなり exec $SHELL するなり適当に.

rubyをインストールする.rbenv install とするとインストールできるrubyのバージョン一覧が表示されるので,欲しいバージョンを選ぶ.ここでは 1.9.3-p194 をインストールすることにしたとする.

$ rbenv install 1.9.3-p194
$ rbenv rehash

rbenv rehash はシンボリックリンクを張り直すコマンドで,rubyやgemのインストールによってコマンドが増えるたびに行う必要がある.

最後に,今インストールしたrubyを使用するように設定する.

$ rbenv global 1.9.3-p194
$ hash -r
$ ruby -v
ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [x86_64-linux]