Unity
Oculus
VR
OculusGo

Oculus Go 開発のUnity 設定

備忘録としてOculus 公式のUnity 設定をまとめます。
参照したのはこちら。Oculus Go とGear VR 用のプロジェクト設定が説明されています。

Building Mobile Applications (Oculus 公式)

Oculus Go 開発の最低限の設定は以下に分かりやすくまとまっています。この記事は+α の設定となります。

Windows上のUnityでOculus Goアプリ開発するまでの最短手順

環境

  • Unity 2017.4.4f1
  • Oculus Integration 1.25

Build Settings

File > Bulid Settings

  • Texture Compression をASTCに設定する

03-build-settings.png

パフォーマンスへの影響が大なので、最終的なビルドではDevelopment Build はチェックを外しましょう。

Player Settings

Edit > Project Settings > Player

  • Multithreaded Rendering にチェックを入れる

03-player-settings.png

Quality Settings

Edit > Project Settings > Quality

項目が多いので表にします。

項目 設定
Pixel Light Count 1
Texture Quality Full Res
Anisotropic Textures Per Texture
Anti Aliasing 2x 余裕があれば 4x Multi Sampling (8xは非推奨)
Soft Particles チェックを外す
Realtime Reflections Probes チェックを入れる
Billboards Face Camera Position チェックを入れる

03-quality-settings.png

まとめ

Oculus 公式の推奨設定をまとめてみました。