Unity
Oculus
OculusGo

Windows上のUnityでOculus Goアプリ開発するまでの最短手順

この記事は何か

Oculus Goアプリの開発に「最低限」必要なものが何かを解明する。

環境

  • Windows 10 Version 1709
  • Unity 2018.1.4f1
  • Android Studio 3.1.3

準備

以下の手順については解説しないので、各自であらかじめやっておいてください。

  • Oculus Goのセットアップ(Oculusホームにアクセスするところまで)
  • Unityのインストール

手順

Oculus Goを開発者モードにする

  1. Oculusアプリをスマホで開く
  2. 「設定」タブを開く
  3. ペアリングしたOculus Goに接続
    Oculus Go Setting Tab.png

  4. [その他の設定 > 開発者モード] で「開発者モード」スイッチをONにする

Android開発環境をセットアップ

  1. Java SE Development Kit (JDK)をインストール
  2. Android Studioをインストール
  3. Android Studioを起動
  4. セットアップウィザードの手順でStandardを選ぶ
  5. [Configure > SDK Manager]を開く Android Studio Open SDK Manager.png
  6. Android API 28のチェックを外し、Android 8.1 (Oreo)にチェックを入れる Android Studio SDK Manager SDK Platforms.png
  7. Applyボタンを押してインストール
  8. UnityのAndroid Build Supportをインストールする
    Unity HubでAdd Componentからインストールするか、Build SettingsのAndroidペインでOpen Download Pageからインストールします
  9. Unityで新規プロジェクトを作成
  10. Android SDKのインストールパスをUnity Preferencesウィンドウに入力する(自動で入っていることがあります)
    典型的なインストールパスは、C:/Users/<ユーザー名>/AppData/Local/Android/Sdk
  11. JDKのインストールパスをUnity Preferencesウィンドウに入力する(Browseボタンを押すと自動検出してくれます)
    典型的なインストールパスは、C:/Program Files/Java/jdk1.8.0_171
  12. PCを再起動(JDKによるPathシステム環境変数への変更を適用するため)

UnityでOculus Goアプリを作成

  1. [File > Build Settings...]を開く
  2. AndroidへSwitch Platform Unity Android Switch Platform.png
  3. [Edit > Project Settings > Player > Other Settings]を開く
  4. [Identification > Package Name]をcom.Company.ProductNameから適当な名前に変更する(com.example.exampleなど)
  5. [Identification > Minimum API Level] を [Android 4.4 'Kit Kat' (API Level 19)] を選択 Unity Android API Level.png
  6. Virtual Reality Supportedにチェックを入れ、Oculusを追加 Unity Virtual Reality Supported.png

Oculus Goアプリをビルド

  1. [File > Build Settings...]を開く
  2. Oculus Goをかぶって、スリープを解除
  3. USBデバッグを許可する(「このパソコンからのUSBデバッグを常に許可する」にチェックを入れておくとよい)
  4. [Build & Run]ボタンをクリック
  5. ビルド完了したら、Oculus Goをかぶってスリープを解除

以上で、Oculus Goアプリの開発ができるようになりました。

このあとは…

Oculus Integrationをアセットストアから導入して、[Tools > Oculus > OVR Performance Lint Tools]で指摘された設定を直しておくとよいでしょう。

まとめ

手順はざっくり以下のとおりでした。

  • Oculus Go
    • 開発者モードに設定
  • Android Studio
    • インストール後、起動してStandardでセットアップ
    • SDK ManagerでAndroid API 2.8をアンインストールし、Android 8.1 (Oreo)をインストールする
  • Java SE Development Kitのインストール
    • JDKインストール後にPCを再起動
  • Unity
    • AndroidへSwitch Platform
    • Project Settings > Playerの設定
      • Package Nameの変更
      • Minimum API Level 19に設定
      • Virtual Reality Supportedを有効化
    • Editor PreferenceでのAndroid SDK, JDKのパス設定

今回はわかりやすさと最短のバランスを取りました。とくにAndroid SDKまわりのインストールはzipで済む部分とかあるかもしれません。
手順どおりやってもうまくいかない!とか、削除できる手順を見つけた!とかあれば、コメントか Twitter @tyounanmoti までお知らせください。