Help us understand the problem. What is going on with this article?

Skypeアカウントを乗っ取られたときの顛末

More than 3 years have passed since last update.

Skypeが乗っ取られた。

突然↓のメールが届いた。

スクリーンショット 2015-12-23 9.47.05.png

すぐにパスワードのリセットを依頼したので、アカウントは停止状態に。
被害は無かった様だけれど、その後が少し面倒だったので備忘録。

パスワードのリセット手続き

パスワードをリセットするためには、以下のSkypeアカウント情報を伝える必要がある。

  1. Skype名
  2. Skypeアカウントの作成時に登録したメールアドレス
  3. Skypeに登録した生年月日
  4. Skypeアカウント作成の年月
  5. Skypeの連絡先に登録されている5人の名前(表示名 or Skype名)
  6. 現在の表示名
  7. 登録した国

厳しい。 1,3,7くらいしか自信もって答えられないよ。。

というわけで調べてみた。

Skypeアカウント情報の調べ方

アカウント情報は"main.db"に格納されている。

/Users/***/Library/Application Support/Skype/xxx(skypeアカウント)/main.db

中身はSqlite。Macであればsqlite3が標準で入っている(筈。)

nock$ sqlite3 /Users/***/Library/Application Support/Skype/xxx(skypeアカウント)/main.db 
SQLite version 3.8.8.3 2015-02-25 13:29:11
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> 

1. Skype名

sqlite> SELECT skypename FROM Accounts;

2. Skypeアカウントの作成時に登録したメールアドレス

sqlite> SELECT emails FROM Accounts;

3. Skypeに登録した生年月日

sqlite> SELECT birthday FROM Accounts;

私は登録していなかったのか、0でした。

4. Skypeアカウント作成の年月

sqlite> SELECT registration_timestamp FROM Accounts;

返却値はUnixタイムスタンプを秒→分に変更した値です。
60を掛けて、変換ツールで変換。

5. Skypeの連絡先に登録されている5人の名前(表示名 or Skype名)

sqlite> SELECT skypename, fullname FROM Contacts;

6. 現在の表示名

sqlite> SELECT fullname FROM Accounts;

7. 登録した国

sqlite> SELECT country FROM Accounts;

むすび

パスワードのリセットはかなり敷居が高い・・。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした