Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2ログイン用の秘密鍵を無くした

More than 5 years have passed since last update.

PCが故障した際に、秘密鍵を無くしたけどどうしよう。
って聞かれたので調べてみたメモ。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-key-pairs.html

秘密キーをなくした場合は、新しいキーペアを作成し、インスタンスを起動して接続できるように必要があります。

要は

  • 新しいKey Pairを作り
  • 秘密鍵を無くしたEC2インスタンスのAMIを作って
  • AMIからEC2インスタンスを作成する際に、新しいKey Pairを適用する

ということらしい。

動的なデータをEBSにちゃんと乗せる&Scale outしておかないと、サービス断を伴いそうね。
鍵はちゃんと管理してバックアップも取りましょう。

では手順。

新しい鍵を作ろう

  AWS Management Console -> EC2 -> NETWORK & SECURITY -> Key Pairs
  
を開いて

  Create Key Pairボタン

を押して鍵を作る

無くした鍵を使用しているEC2インスタンスのAMIを取得しよう

  AWS Management Console -> EC2 -> INSTANCES -> INSTANCES

を開いて

  対象のEC2インスタンスを右クリック -> Create Image

を押してAMIを取得

取得したAMIから新しいEC2インスタンスを作成し、新しい鍵を紐付けよう

  AWS Management Console -> EC2 -> INSTANCES -> INSTANCES

を開いて

  対象のEC2インスタンスを右クリック -> Create Image

を押してAMIを取得

取得したAMIから新しいEC2インスタンスを作成し、新しい鍵を紐付けよう

  AWS Management Console -> IMAGES -> AMIs

を開いて

  対象のAMIを右クリック -> Launch

を押してAMIからEC2インスタンスを作成
すると、EC2インスタンス作成ウィザードを通して、好きな鍵を紐付けることができます。

あとはうまーーいことS-inさせてあげましょう。
そして鍵を無くしたインスタンスはS-outして破棄しちゃいましょう。

以上、よろしくお願いいたします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away