Help us understand the problem. What is going on with this article?

Apache Benchの結果の見方

More than 3 years have passed since last update.

Apache Benchの結果を出したけれどこれどうやって見ればいいんだ...
なんとなく雰囲気で分かるっちゃ分かるけど、それぞれの数字が高いほうがいいのか、低い方がいいのかなど一通り確認しておいた方が良い項目とその内容についてまとめてみた。

Time taken for tests

テストそのものに要した時間
数値が低い方が好ましい

Failed requests

処理に失敗したリクエストの数
数値が低い方が好ましい

Requests per second

1秒で処理できるリクエスト数
数値が高い方が好ましい

Time per request

1リクエストにつき処理に要した時間
数値が低い方が好ましい

Transfer rate

1秒間で受け取ったデータの大きさ
数値が高い方が好ましい

Connection Times (ms)

Connection Timesは以下のように表になっている

min mean [+/-sd] median max
Connect 3 5 0.6 5 6
Processing 12369 22262 4397.2 24363 25712
Waiting 12111 21773 4422.1 23817 25703
Total 12375 22266 4396.8 24367 25716

横軸

min

最小値

mean

平均値

[+/-sd]

標準偏差

標準偏差って??

データのばらつき具合を示す数字で、
平均値を基準として標準偏差の値を絶対値とした範囲内の数値が、全データの数値の70%の範囲になる。
例えば、上記の表の「Connect」の列を見た場合、平均値が5ms、標準偏差が0.6となるため
全リクエストのスコアの70%程度が4.4ms〜5.6msの範囲内に収まるということになる。
つまりこの数字があまりに大きい場合は平均値があまりアテにならない。

median

中央値

中央値って??

データを数値順に並べた際に中央にくる値
例えば全データの中で極端に高かったり低かったりするような、平均値に著しく影響のある数値が発生した場合は中央値が参考となる。

max

最大値

縦軸

いずれも数値が低い方が好ましい。

Connect

接続時間

Processing

処理時間

Waiting

待ち時間

Total

合計時間

Percentage of the requests served within a certain time (ms)

Percentage of the requests served within a certain time (ms)は以下のように表示される。

50%  24367
66%  25205
75%  25364
80%  25560
90%  25629
95%  25664
98%  25690
99%  25716
100%  25716 (longest request)

全リクエストの割合(%)に対して、処理が完了した時間(ms)を表す。
例えば「50% 24367」の場合、50%のリクエストを完了させるのに24367msかかっている。
何れも数値が低い方が好ましい。

allabout
その道のプロである専門家(ガイド)を基盤に、総合情報サイトを中心とした様々なサービスをWEB&リアルで展開
https://allabout.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away