Help us understand the problem. What is going on with this article?

VagrantのSynced FoldersでNFSを利用するときにsudoのパスワード入力を省略する

More than 3 years have passed since last update.

vagrant up時に毎回パスワードを尋ねられるのが煩わしかったのでsudoersを設定したのですが初歩的なことに嵌っていたのでその備忘録。

まとめ

  • /etc/sudoersに追記するときはこれよりも後ろに記述すること!
    %admin ALL = (ALL) ALL
  • もしくは/etc/sudoers.d/の下に個別にファイルを作る!

以下、失敗談込みの設定の流れ

0. 環境

  • macOS Sierra 10.12.1
  • Vagrant 1.8.6

1. sudoersに追記する

Macだとsudoersにこれを追加します。

Cmnd_Alias VAGRANT_EXPORTS_ADD = /usr/bin/tee -a /etc/exports
Cmnd_Alias VAGRANT_NFSD = /sbin/nfsd restart
Cmnd_Alias VAGRANT_EXPORTS_REMOVE = /usr/bin/sed -E -e /*/ d -ibak /etc/exports
%admin ALL=(root) NOPASSWD: VAGRANT_EXPORTS_ADD, VAGRANT_NFSD, VAGRANT_EXPORTS_REMOVE

編集にはsudo visudoを使います。
sudoersを眺めていると"Cmnd alias specification"の項目があるので「ここに書けば良さそう」とここに上の4行を貼り付けました。

保存して意気揚々とvagrant up!
パスワードを尋ねられました……orz

OSの違いなのかと数日悪戦苦闘しながらsudoersを眺めていると"Cmnd alias specification"の下に"%admin ALL = (ALL) ALL"を見つけました。
ひょっとして……と思いつつ設定を"%admin ALL = (ALL) ALL"の下に移動させるとvagrant upがすんなり起動しました。
"%admin ALL=(root) NOPASSWD: 〜"が打ち消されていたんですね……

2. sudoers.dにファイルを作る

sudoersファイルだとまた同じミスを行っていまいそう かつ 他にも設定を入れると長くなってしまうので/private/etc/sudoers.d/にファイルを作ることにしました。
このディレクトリはsudoersの末尾で読み込まれます。
#includedir /private/etc/sudoers.d ←この部分です。
※先頭の#を消す必要はありません(コメントではありません)

$ cat /private/etc/sudoers.d/vagrant-nfs
# NFS - Synced Folders - Vagrant by HashiCorp
# https://www.vagrantup.com/docs/synced-folders/nfs.html
Cmnd_Alias VAGRANT_EXPORTS_ADD = /usr/bin/tee -a /etc/exports
Cmnd_Alias VAGRANT_NFSD = /sbin/nfsd restart
Cmnd_Alias VAGRANT_EXPORTS_REMOVE = /usr/bin/sed -E -e /*/ d -ibak /etc/exports
%admin ALL=(root) NOPASSWD: VAGRANT_EXPORTS_ADD, VAGRANT_NFSD, VAGRANT_EXPORTS_REMOVE

まとめ

  • /etc/sudoersに追記するときはこれよりも後ろに記述すること!
    %admin ALL = (ALL) ALL
  • もしくは/etc/sudoers.d/の下に個別にファイルを作る!

他の設定ファイルでもそうですが、記述順序には気をつけましょう……

x. 参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away