0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

【SpringBoot】開発環境作成(プロジェクト作成)

SpringBootの開発環境作成をしていきます。

作成内容

①Springプロジェクト作成
②BitBucketプッシュ
③VPSにデプロイ
④Jenkins自動デプロイ

プロジェクト作成

Web(Spring Initializr)もしくはSTS(SpringToolSuite)を使ってプロジェクトを作成します。
今回はWebで作成しました。
image.png

依存関係は以下の3つです。
・「DevTools」は開発時、ソースコードに変更があれば自動で再起動
・「Spring Web」はWeb開発ツール
・「Thymeleaf」テンプレートエンジン
image.png

Ecripseでインポートする。
image.png

追加するのは以下の3点です。
MainController クライアントからのリクエストを受け取りHTML返却
Index.html 画面に渡すテンプレートファイル
application.yml .application.ymlに変更、Portを80に設定。(デフォルト:8080)
image.png

"/"にリクエストでHTML返却します。

MainController
@Controller
public class MainController {

	@GetMapping("/")
	public String index() {
		return "index";
	}
}

返却されるHTMLです。Hello Worldという文字列を返します。

Index.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 <head>
 <meta charset="utf-8">
 <title>Hello World</title>
 </head> 
 <body>
  <h1>Hello World</h1>  
 </body>
</html>

HTTPの場合PORT80で設定されている為、デフォルト:8080を80に変更しています。

application.yml
server:
  port: 80

SpringBoot起動後、localhostで以下画面が表示されます。

image.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?