Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsPCとLinuxサーバーをブリッジ接続する方法

はじめに

自宅で無線ルーターから離れた場所(デスク)にあるLinux機をインターネットに接続するため、ブリッジ接続を使ってみました。
設定にかなり手こずったので、設定メモとして記録しています。

ブリッジ接続の模式図

  • WindowsのPCと無線ルーターはWi-Fiで接続しています。
    • Wi-Fi側のIP(192.168.10.100)は、DHCPで動的に割り当てられたIPとなります。
    • それ以外のIP(192.168.10.240, 192.168.10.241)は、手動で静的に割り当てられたIPとなります。
  • Windows機とLinux機は有線LAN(クロスケーブル)で接続しています。

ブリッジ接続.png

設定手順

1. 有線LANと無線LANを同時に使えるようにする

  • ブリッジ用に使ったPCはWindows10 Homeですが、このOSではデフォルトで「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定になっています。
    • Windows8以降は、デフォルトでこの設定になっているようです。
  • この設定のままだと、有線LANと無線LANを同時に使えないため、ブリッジ接続が正しく動作しません。
  • そのため、ブリッジ接続の設定に先立って、以下の手順で設定を変更しておきます。

1-1. ローカルグループポリシーエディターを使用可能にする

  • 「ローカルグループポリシーエディター」を使うと、「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定を簡単に解除できますが、Windows10 Homeの場合、デフォルトではローカルグループポリシーエディターを使えません。
  • そこで、こちらのURLの手順に沿ってローカルグループポリシーエディターを使用可能な状態にしました。

1-2. 「有線+無線での2回線構成の場合、起動時に無線が自動で接続されない」設定を無効化する

以下の手順は、Microsoftの公式ページの手順と同じです。

  • [ファイル名を指定して実行]を開き、gpedit.mscと入力してEnterを押します。
  • ローカルグループポリシーエディターが開いたら、[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [ネットワーク] > [Windows 接続マネージャー]と進み、Windows 接続マネージャーに入ります。
  • [インターネットまたは Windows ドメインへの同時接続の数を最小化する]という項目を選び、設定値を[無効]にします。
    • デフォルト値は[未構成]でした。

gpedit-msc_02.png

2. VirtualBoxなどのブリッジ接続を解除する

  • VirtualBoxなどの仮想NICにブリッジ接続している場合、有線LANと無線LANとの間で正常にブリッジ接続できません。
    • 私は試していませんが、Hyper-Vの仮想スイッチとの間にブリッジ接続を使っている場合も、同様にブリッジ接続が出来ない可能性があります。
  • そのため、VirtualBoxを利用しているのであれば、全ての仮想マシンのネットワーク設定を確認して、ブリッジ接続の設定があれば解除しておきます。

3. ブリッジ接続を設定する

  • コントロールパネルを開き、[ネットワークと共有センター] > [アダプタの設定の変更]と進みます。
  • 開いた[ネットワーク接続]画面で、無線LANと有線LANのネットワークカードを選択した状態で右クリックして、開いたメニューから[ブリッジ接続]を選択します。
  • ブリッジ接続が完了すると、下の図のように[ネットワークブリッジ]というアダプタが画面上に出現します。
    • これだけでブリッジ接続は完了です。

ブリッジ接続_03.png
ブリッジ接続_04.png

4. ForceCompatibilityModeの設定

  • ブリッジ接続を設定した後、インターネットに接続できない場合はipconfigコマンドでブリッジアダプターに対してDHCPで付与されたIPアドレスを確認します。
  • このIPアドレスが169.254...となっている時は、DHCPサーバー(※ここでは無線ルーター)に接続できていないため、以下の手順でForceCompatibilityModeをenabledにすると接続できます。
    1. コマンドプロンプトを管理者モードで開きます。
    2. netsh bridge show adapterと入力して、現在のブリッジアダプターの状態を確認します。 ここでブリッジ接続に利用しているネットワークカードのForceCompatibilityModeが"unknown"や"disabled"となっている場合、次の手順に進みます。
    3. netsh bridge set adapter a {アダプタの番号} eと入力して、ForceCompatibilityModeを"enabled"にします。
      • 設定値の名称(ForceCompatibilityMode)からすると、何らかの互換性を強制的に有効にしているようですが、何の互換性かは分かりませんでした...
    4. 再びnetsh bridge show adapterと入力して、ForceCompatibilityModeが"enabled"となっていることを確認します。
C:\WINDOWS\system32>netsh bridge show adapter

----------------------------------------------------------------------
 ID AdapterFriendlyName         ForceCompatibilityMode
----------------------------------------------------------------------
  1 イーサネット                      disabled
  2 Wi-Fi 2                     disabled
----------------------------------------------------------------------

C:\WINDOWS\system32>netsh bridge set adapter 1 enable

C:\WINDOWS\system32>netsh bridge set adapter 2 enable

C:\WINDOWS\system32>netsh bridge show adapter

----------------------------------------------------------------------
 ID AdapterFriendlyName         ForceCompatibilityMode
----------------------------------------------------------------------
  1 イーサネット                      disabled
  2 Wi-Fi 2                     enabled
----------------------------------------------------------------------

まとめ

  • Windows上でのブリッジ接続について調べると、「2つのネットワークカードを選んで、"ブリッジ接続"を選ぶだけ」と書いてあるサイトが多いです。
  • ですが、新しいOSだと「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定があるとは思いませんでした。
    • 色々調べてみると、省電力設定の一つだそうです。
  • また、「VirtualBoxのブリッジ接続が存在すると正しくブリッジ接続できない」というのは全くの盲点でした。
    • VirtualBox上の仮想マシンは、基本的に「NAT+ホストオンリーアダプター」にすべきかもしれません...
nkojima
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした