Help us understand the problem. What is going on with this article?

ブロッホ球をくるくるしながら学べるおもちゃができました

●ここからとべます

↑ゼミで使用したかったので,急ぎ足で作ってみました.これからいろいろ機能をつけたしていこうかなと思っていますが,デプロイ記念&尻叩き用にのせておきます.
みなさんどうぞくるくるして遊んでみてください.

遊び方

  • 量子ゲートを模したボタンを押すと,ブロッホ球の中でベクトルがくるくる回転します
  • マウスでぐりぐりすると,ブロッホ球をいろんな角度から見ることができます
  • 代表的な単一量子ゲート($X,Z,S^{\dagger},S,T,T^{\dagger}$)を用意しました
    • 2019/02/17追記:$Y$ゲートを追加しました
  • 各ゲートの回転角につきましては,こちらに譲ります
  • 量子ゲートの入り口を直感にやさしく,ということで,Q ease: と名付けました
    • コロンは,えっと,Python感です

こんなかんじです

  • ソースコードはこちら
  • 動画はこちら
  • ブロッホ球自体が常にくるくるしていますが,これに特に意味はありません(Three.jsをいじるのが楽しくて回してしまいました).見にくいようであれば,球自体の回転や,光源等,変更が可能ですので,コメントをお寄せください.
  • PC,フルスクリーン表示推奨です

アップデートの記録

  • OrbitControls.jsが原因で,スクロールができません.ウィンドウのサイズの関係で,下部が見えづらい場合は,お手数ですが,スクロールバーをご使用ください
    • 2019/02/18追記:修正しました.キャンバス外であればスクロールできます!
  • 再読み込みがたまに非常に遅いです(~30秒ほど).たぶん,無料のherokuなので,dynoが30分おきにsleepしてしまうのが原因かと(近々対応します…).根気よく待ってあげてください🙏
    • 2019/02/17追記:対応しました.Uptime Robotというサービスを利用しました.便利!
  • 2019/02/20追記:urlを若干変更(この記事内のリンクは修正済み)
  • 2019/02/20追記:Challenge Bloch!トップページができました.
    • Challenge Bloch!については,別記事にまとめようと思います.

これから足したい機能

  • ゲート適用するたびに,ブロッホ球の状態を数式で表したい
  • 「ひとつもどるボタン」あってもいいかもしれない
  • 適用したゲートを線の上に並べて,ゲート回路もお絵かきできるとか(ログも兼ねて)
  • 自分でゲートを作成できてもいいかもしれない(色,回転角,回転軸,文字…)
  • キャンバス外はスクロールできるようにしたい…
    • ↑できるようになりました

こんなん足したら面白そうじゃない?とかありましたら,是非是非コメントに!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away