search
LoginSignup
6

More than 1 year has passed since last update.

posted at

統計検定2級 合格して気づいたアンチパターン 

目的

統計検定2級について、オススメの勉強方法や合格体験記は多くありますが、アンチパターンまで振り返った記事は見かけなかったので、書いてみることにしました。

前提条件

  • 新人エンジニア2年目。
  • 理系大学院修士卒(専門は統計とは無関係)
  • 仕事上で統計やデータ分析をすることは皆無
  • つまり、標準偏差?なにそれ?状態からスタート
  • 結果、1度目はあと4点で不合格。2度目は合格点20点超えで合格

アンチパターン(やって悪かったこと)

  • 受験方式ごとに問題傾向が違う事を知らなかった

  • 直近の過去問を解く(CBT方式で受験の場合)

    • 上述の通り、直近の傾向=自分の試験の傾向、とは限らないです。
  • ノートにまとめる

    • 達成感はあるが、参考書と比べて見直しに不向きです。書いた内容の暗記もそれほど捗るわけではないです。
    • その割に時間がかかります。
  • 解けなかった過去の試験問題を繰り返し解く

    • 明らかな難問がたまに混じっています。2~3割は落とせる問題と考えて勉強しました。
  • 時間を測って過去問を解く

    • 試験本番で時間を気にしたことはほぼありませんでした。
    • 時間をかければ解ける問題は少ない印象です。 解法がすぐに思いつかない問題は飛ばした方が良いと思います。

逆にやって良かったこと

  • 統計Webを流し読み

    • 1周目:ざっくり理解
    • 2週目以降:過去問と合わせて解法の暗記
    • みたいな活用がオススメです。
  • 過去問を解く

    • 上述のように1,2年分は解法の暗記と割り切って、いきなり解答を見てしまっても良いかもしれません。
  • YouTubeの動画で補足する

    • 比較的受け身で勉強できるので、統計Webの息抜き&補足として観てました。
    • ヨビノリチャンネルさんが分かりやすいです。
  • 試験直前にチートシートを眺める

    • 試験本番で公式を思い出せず解けない事故を防げます。自分はこちらが一番良かったです。
  • 合格体験記を書く

    • モチベーションの維持です。試験勉強と並行して合格体験記を書いていました。
    • 合格体験記を並行で書くことで勉強方法を客観視できるので、無駄な努力に走りにくいと思います。

参考サイト

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6