Help us understand the problem. What is going on with this article?

QGISによる衛星画像のカラー画像化.

More than 1 year has passed since last update.

前回の続き

ダウンロードしたSentinel-2の衛星データからカラー画像を無料のGISソフトであるQGISを使って,カラー画像化します.

1. 環境構築.

まずはQGISをダウンロードし環境を構築します.
私のPCはmacですので,OSX用のソフトをダウンロードします.

OS環境:mac OSX 10.12.6 macOS Sierra

QGISのホームページからダウンロードです.

QGISホームページ

ホームページのダウンロードをクリックし,自分の環境(Windows, MacOSXなど)にあわせたバージョンをダウンロードします.
私はmacなので,”QGIS macOS インストーラ Version 3.2”をクリックします.

ダウンロードし,パッケージを開くと,インストールの順番がついたファイルがあります.
QGISはPython環境で動作しているため,まずPython3.6をダウンロードしインストールします.

私はHomebrewでpython3.6環境を構築していましたが,これではQGISをインストールすることができませんでした.
インストールすると,”Python3.6が入っていません”とエラーメッセージがでてきます.

調べてみると,Pythonのホームページからパッケージをダウンロードしインストールしないといけないみたいなので,
改めてPythonをインストールし直ししました.

そのあと,2.についているGDALをインストールし,3.QGISをインストールして環境構築終了です.

これで,QGIS 3.2.2-Bonnがインストールされました.

2. QGISによる衛星画像のカラー化.

QGISの使い方は他のページをご参考ください.
Googleで調べると多くの情報があります.

QGISのよいところは,多くのユーザがPluginという簡単な拡張機能を公開していること.
例えば,GoogleMapを使いたいときは,PluginでOpnelayersをインストールすれば使えます.

でも,QGISがVer.3 になってから,上記のPluginが見つかりませんでした.残念.
調べてみるとVe3になってから,今までのプラグインが使えなくなったみたいです.
これについては,また別記事で紹介します.

まずは,先程ダウンロードしたSentinel-2の画像をQGISで表示させます.
今回は,SentinelのData Hubよりダウロードした地震後の北海道厚真町の画像を表示させてみました.

QGIS2.png

フォルダにあるB02, B03, B04のファイルを選んで,QGISのワークスペースにドラッグドロップします.

次に,この3枚の画像を合成しカラー化させます.これは,"Build Vertual Raster"を使います.

QGIS4.png

上部のメニューから ラスタ→その他→Build Vertual Rasterを選択します.

QGIS5.png

入力レイヤの右の選択ボタンから,ドラッグした3つのファイルを選択します.

QGIS6.png

そして,下にある"バックグラウンドで実行"をクリックし,処理を実行します.
ここで,エラーが発生する場合があるます.どうも,2番めにインストールしたGDALのパスが設定されていないため,
その実行ファイルが見つからないことが原因みたいです.

このエラーが発生した場合は,このページをご参考ください.
私はこの方法で解決できました(感謝).

うまく実行されるとこのページが表示されます.
QGIS7.png

ただ,みると分かる通り,青みがかった画像になっています.赤と青の画像の配分がうまくいっていないのが原因です.
そのため,赤色にB04,青色にB02を配分させます.

左下のウィンドウにできた”仮想”のレイヤで右クリックしてプロパティを選択します.

QGIS8.png

そして,プロパティウィンドウから,RGBのバンドの配分を変更します.

QGIS9.png

Redバンドにバンド3を,Blueバンドにバンド1を選び,”OK”をクリックします.
すると,先程の画像が以下になります.

QGIS10.png

青みがかった画像から,いつもの衛星画像になったのが分かるかと思います.
北海道の厚真町の土砂崩れが報告されている箇所をみると,以下のようになっているのがわかります.
QGIS11.png

厚真町の地域の山で,多くの土砂崩れが発生していたことがこの画像よりわかります.
心よりお見舞い申し上げますとともに,被害にあわれたみなさまの一日も早い再建をお祈り致します。

3. おわりに

今回は,ダウンロードしたSentinel2の画像のカラー化まででした.

次回は,ここにGoogoleMapや国土地理院の地図情報のプラグインの方法について紹介します.

(追記:2019年3月26日)
 閲覧数が多く、みなさんの関心が高いことを知りました。
 近々、電波衛星(SAR satellite)であるSentinel−1のデータについても、紹介いたします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした