XamarinでAndroid WearのWatch Faceアプリを作ってみよう!(Vol. 0 : 準備編)

More than 1 year has passed since last update.

こんにちはー!ニアです。

今回からXamarin.Androidを使って、Android WearのWatch Faceアプリを作成する方法を紹介していきます。

次のセクション : Vol.1 : プロジェクト作成編


1. Android WearのWatch Faceとは

Watch Faceとは、Android Wearで時計を表示するアプリ1です。

Watch Face

2014年12月にGoogleがWatch Face用のAPIをリリースしたことにより、開発者はそのAPIを使って時計の盤面を自在にカスタマイズすることができるようになりました。


1.1. Watch Faceアプリは、Xamarinで作れるのよ

Xamarin.Androidでは、バージョン4.2からAndroid Wearの開発をサポートしています。

プロジェクト作成ページ

インストール済みのプロジェクトテンプレートは普通のWearアプリ用のみですが、Xamarinがリリースしている「Xamarin Android Wear(Support Libraries)」がWatch Face APIをサポートしている2ので、プロジェクトをカスタマイズすることで、Watch Faceアプリを作成することができます。

Xamarin Android Wearをオブジェクトブラウザで見る


1.2. 必要な環境



  • Xamarin.Android : Ver. 4.2以上(5.0以上を推奨)


  • Android SDK : Ver. 5.0.1(API Level 21)


  • Android SDK Tools : Ver. 24以上


  • Xamarin for Visual StudioをインストールしたVisual Studio、またはViusal Studio for Mac、もしくはXamarin Studio

  • エミュレーターまたはAndroid Wear実機

※Android SDKについて、Android Wearアプリはバージョン4.4W以上が必要ですが、Watch Face APIを利用する場合、バージョン5.0.1以上が必要です。


参考 : Setup and Installation - Xamarin

https://developer.xamarin.com/guides/android/wear/installation/



2. Next

次回(「Vol. 1 : プロジェクト作成編」)は、Visual StudioなどでAndroid Wear用のプロジェクトテンプレートから、Watch Faceアプリのプロジェクトを作成していきます。

それでは、See you next!


参考サイト


「XamarinでAndroid WearのWatch Faceを作ってみよう!」シリーズ一覧





  1. 厳密に言うと、Watch FaceアプリはServiceとして動作します。 



  2. そのライブラリで定義されている、Xamarin.Android.Wearable名前空間の中にWatchface名前空間が定義されています。そこからWatch Face APIが利用できます。