More than 1 year has passed since last update.

前々回前回 と aliyuncli のインストールから AccesKey の設定までを行いましたので、今回は実際にコマンドを叩いてみたいと思います。


Usage

aliyuncli は 4 つのパートから成っています。


  • aliyuncli コマンド自身

  • command はサービス名を指定します


    • ecs, rds など



  • operation は各サービスのサブコマンドです

  • 最後は、出力のフォーマットを指定したり、表示する数を指定したりするオプションです

$ aliyuncli <command> <operation> [options and parameters]


リージョン情報を取ってみる

おお、リージョン名が中国語です。

$ aliyuncli ecs DescribeRegions

3E290668-0A00-493E-99F3-735D62662294
REGION 华北 1 cn-qingdao
REGION 华北 2 cn-beijing
REGION 华北 3 cn-zhangjiakou
REGION 华北 5 cn-huhehaote
REGION 华东 1 cn-hangzhou
REGION 华东 2 cn-shanghai
REGION 华南 1 cn-shenzhen
REGION 香港 cn-hongkong
REGION 亚太东北 1 (东京) ap-northeast-1
REGION 亚太东南 1 (新加坡) ap-southeast-1
REGION 亚太东南 2 (悉尼) ap-southeast-2
REGION 亚太东南 3 (吉隆坡) ap-southeast-3
REGION 亚太南部 1 (孟买) ap-south-1
REGION 美国东部 1 (弗吉尼亚) us-east-1
REGION 美国西部 1 (硅谷) us-west-1
REGION 中东东部 1 (迪拜) me-east-1
REGION 欧洲中部 1 (法兰克福) eu-central-1

json や table など出力フォーマットの指定ができます。

$ aliyuncli ecs DescribeRegions --output json

{
"Regions": {
"Region": [
{
"LocalName": "\u534e\u5317 1",
"RegionId": "cn-qingdao"
},
{
"LocalName": "\u534e\u5317 2",
"RegionId": "cn-beijing"
},
省略 ...


HTTPS を使う場合

--secure オプションを付ける必要があるようです。

$ aliyuncli ecs DescribeRegions --secure