Macの環境設定(3) zshを入れる

  • 68
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

前回の続きです。
MaxOSXでの通常のシェルはbashが使用されますが、zshを入れると色々と幸せになれそうだったのでセットアップしてみます。

zshのインストール

Mavericksでは、標準でインストール済みです。
ターミナルから、以下を実行し、

zsh

psでプロセス確認してみると、zshが起動しているのが分かるかと思います。
せっかくなので、最新版を入れたほうがよいかと思いますので、Homebrewでインストールしましょう。

brew install zsh

ログインシェルをzshに変更する

都度zshを叩いて使うのもあまり意味がないので、ログインシェルをzshにしてしまいましょう。
以降の作業は、ターミナルから行います。

/etc/shellsの編集

/etc/shellsに使用可能なシェルの一覧が設定されています。
これを開いてみると、以下のようになっているかと思います。

/etc/shells
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh

/bin/zshは最初からインストール済みだったzshになるので、先程Homebrewで入れたzshを選択できるように編集します。
(最後の1行を追加しています。)

/etc/shells(編集後)
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh

chsh実行

chshを叩いて、ログインシェルを変更します。
こんな感じです。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

設定ファイルを作成する

ホームディレクトリの.zshrcが、zsh起動時の設定ファイルとなります。
ファイル自体がない場合は、touch ~/.zshrc などで作成しておきましょう。

.zshrcの編集内容

色々設定できるみたいなんですが、今回は少し凝ったzshrcを頂戴することにしました
.zshrcファイルをvimで開いて、少し凝ったzshrcの内容をコピペして保存します。

.zshrcの設定反映

次回ターミナル起動時から.zshrcの設定が反映されますが、現在のターミナルに反映させたい場合は

source ~/.zshrc

で、設定を読み込ませてください。

設定反映の確認

ターミナルの見た目が変わるのでそれだけでも分かりますが、何かのコマンドの補完をやってみるといいかと思います。
例えば git とブランクを入力した後にtabを打つと、gitで利用可能なサブコマンドの一覧が表示されます。

次回へ続く

zshをインストールし、ログインシェルに設定してみました。
高機能で全然使いこなせていないですが、tab補完だけでも相当幸せになれます。

後2回くらいで、残りの設定についてまとめられればと思っています。

参考

以下を参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
* 初めてMacでzshを使う人のためのチュートリアル