Android
Node.js
RaspberryPi
おうちハック

余ったスマホで我が家のトイレ事情を改善

我が家のトイレ事情

我が家のトイレ事情は
- 4人家族でトイレは一つ、なのでそこそこ埋まる
- トイレが若干居間から遠い
- たまに父親が酔っ払ってトイレで寝てる

上記のような状態のため、我が家ではトイレを巡った攻防でよく揉めます。(特にトイレで寝てるケース)
我が家に平穏を取り戻すため
1. 居間からトイレの空き状態チェックする
2. 長居してるようなら寝てる可能性があるので音を鳴らして起こす

ということができるシステムを構築してみました。

システム構成

スクリーンショット 2018-04-08 15.24.30.png

こんな感じです。
トイレに置くスマホは機種変更で余ったスマホ(URBANO L02)を使用。
サーバーはなぜかその辺に転がってたRaspberry Pi 2 Model Bを使いました。

ソースコード

https://github.com/nendo-code/washroom_chk

サーバーサイドは初めてnode.jsを使ってみました。
Expressを使うほどのものでもなかったので生のnode.jsでなんとかしました。

工夫した点

  1. ブラウザでスマホの照度センサの値を取得するため、DeviceLightEventを使いました。2018年4月現在、AndroidのFirefoxでしか動かないらしいです。
  2. スマホがスリープモードに入らないよう開発者向けオプションから設定しました。 やり方はここを参考にしました

今後のアップデート予定機能

  • 長時間トイレに入っている場合、誰か倒れてるか電気の消し忘れの可能性があるので家族にLINEする。

感想

センサーいっぱい付いてるしwifiも使えるしブラウザも載ってるしスマホってすごいなーって思いました。(小並感)
そもそも我が家のトイレが混む根本的な原因は30過ぎた子供二人が未だに実家で暮らしている事にある気がしますが気づかなかった事にしたいと思います。