Edited at

仮想通貨XEMをやりとりするためのQRコードを作成する。

More than 1 year has passed since last update.

すでに枯れてる技術といわれるQRコード。

NFCやBLE、さまざまな技術が出てきては新しいサービスが提案されていますが、

今年に入ってから少し状況が異なってきたようです。

中国の都市部ではQRコードが街中のいたるところで散見されるようになり、

また、iOSなどではカメラにQRコードを読み取る機能が標準装備されるという情報もあり、

QRコードで決済をすませる需要が今後高まりつつありそうです。

NFCより手軽?中国でQRコード式決済システムが大ブームに。その現状と対策(モバイル決済最前線 鈴木淳也)

iOS11で最も注目すべきは、QRコード対応かもしれない

こういった状況のなか、今回はNEMで送金するめのQRコードの作成方法をお伝えします。

まず、大前提ですが、QRコードに示すものは送金先のアドレスです。

ここに秘密鍵などを載せてしまうと、そのQRコードを知った人は、いとも簡単にそのアカウントからお金を引き出せてしまいます。

相手に見せるQRコードは自分のアカウントのアドレス、これは肝に銘じておきましょう。

現在NEMでは送金するためのアプリは非常に限られていて、

NEM公式のものが存在しますので、今回はそのアプリのフォーマットに準じたものを使用します。以下のURLからMobile Walletをダウンロードしてください。

https://www.nem.io/install.html

アプリを起動すると、QRコードをスキャンする機能があると思います。このスキャン用のQRコードを今回は作成します。

と、いっても簡単。今回も偉大なGoogle先生の力を借ります。

以下のURLの"chl="の後ろに読み込ませたい文字列を記述するだけでQRコードが完成するのです。

http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=thisisjustatest

150ピクセルの正方形で”thisisjustatest”という文字列をスキャンすることができます。

印刷するのでもう少し大きいQRコードを作成したいということであれば、"chs=150x150"の150の数字を大きくしてみましょう。ここに他のアドレスのURLを記述すれば、ブラウザで任意のページを表示させることができるQRコードなんていうのも作成できちゃいます。

では、本題にもどりまして、入金を促す(請求用)QRコードのフォーマットの説明です。

"chl="の後ろに以下のような文字列を指定して、URLを叩いてみてください。

{"v":2,"type":2,"data":{"addr":"NBZNQL2JDWTGUAW237PXV4SSXSPORY43GUSWGSB7","amount":1000000,"msg":"invoice","name":"Qiita XEM invoice"}}

"v":2,"type":2 はバージョンと区分の指定なのでこのままで大丈夫です。

addr が入金先アドレス、amount が入金してほしい額。以前の説明同様に 1,000,000倍した数値を指定してください。上記例だと1XEMの入金依頼QRコードとなります。

msg には入金と同時に送信したいメッセージ(顧客IDなど)も入れることができます。

これは将来複数の顧客から同時に注文を受け付ける時に、入金額を確認するために非常に重要なチェック項目となります。個人間の簡単な送金でしたら、手数料もかかってしまうので空欄でQRを作成するのがよいでしょう。

name にはこのQRコードの説明を入れておきましょう。今のところシステム上必要な情報ではありませんが、この値が無いと公式アプリでは読み込めない場合があります。

非常に簡単ですね。コードを作ってスキャンをしてもらうだけで銀行やクレジットカード会社を介さずに仮想通貨のやりとりができてしまうのです。

ショップでの利用目的であれば、個人情報を預かることによる情報漏えいの心配もありません。

XEMなら手数料が1円~(20円/XEM時)で1分程度で送金が完了するので、ビットコインよりも現実的です。

なお、手数料はNEMのネットワーク維持(報酬等)のために使用されるため、決して無駄な費用ではありません。

ショップの片隅にあまり売るつもりのない店長の趣味のアイテムなんかをQRコードと並べて置いておいて

「あー、これ売るつもりないんスけど、NEMだったらお譲りしますよ」

とか洒落てますね。

ちなみにQRコードを生成する実際のURLはこんな感じになります。

http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl={%22v%22:2,%22type%22:2,%22data%22:{%22addr%22:%22NBZNQL2JDWTGUAW237PXV4SSXSPORY43GUSWGSB7%22,%22amount%22:1000000,%22msg%22:%22invoice%22,%22name%22:%22Qiita%20XEM%20invoice%22}}

これから税制面などが整備されてくれば仮想通貨決済という手段もたくさん増えてくると思います。

大企業じゃなきゃお金のやり取りなんか出来ないんだ、と思わずに、まずは友達どうしで割り勘感覚から仮想通貨の利用を楽しんでみましょう。

XEMBookではXEM割りという機能を実装しています。

現在のXEMと日本円の相場から割り勘の額をXEMで計算するというものです、

計算が終わると請求用のQRコードが自動出力されます。

ぜひ、飲み会の割り勘の計算にご利用ください。

http://xembook.net/?address=NBZNQL-2JDWTG-UAW237-PXV4SS-XSPORY-43GUSW-GSB7

address=の後ろを所有のアドレスに書き換えてください。

それでは!


以下のNEMアドレスは、全てNEM上でエンジニアが活動できるための資金に使用します。

これから私が書く記事に共感していただけましたら、ご寄附いただけると助かります。

NEM ADDRESS: NBZNQL-2JDWTG-UAW237-PXV4SS-XSPORY-43GUSW-GSB7