Edited at

MMDモデルをOculusで見る

More than 3 years have passed since last update.

MikuMikuVRを使ってMMDモデルをOculusで見る方法を紹介します。

Unityで見るよりも手っ取り早いです。


必要なもの

・MikuMikuDance(MMD)

http://www.geocities.jp/higuchuu4/

・MikuMikuEffect(MME)

http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/219.html

・MikuMikuVR for Oculus Rift

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27785929

これらは64bit版,32bit版のどちらかで統一する。


準備


MME

MMEの入っているフォルダを開き,

d3d9.dll, MMHack.dll, MMEffect.dllを,MikuMikuDance.exeと同じフォルダにコピー。

MMDを起動し,右上にMMEffectが表示されれば成功。

起動しない場合は,

http://www.geocities.jp/higuchuu4/

の「エラーが出て実行できない場合は」のところから

「Microsoft Visual C++」「DirectX」をインストール。


MikuMikuVR

MikuMikuVR.dll,MikuMikuVR.exe をMMD本体と同じディレクトリに格納する。


MMDモデルをOculusで見る

MikuMikuVREXE.exeを起動。

まだこの段階ではOculus側に表示されない。

MikuMikuVRのフォルダ内のMMDOVREffectのフォルダにMMDOVRCamera.xというものがあるので

これを読み込む必要がある。

読み込むとOculusの方にMMDの画面が表示される。

あとは好きなモデルを読み込んで眺めるだけ。

普段MMDを使う時と同様に,視点を移動したり回転したりすることで,

Oculus側に表示されるものも同じように回転・移動できる。