Help us understand the problem. What is going on with this article?

PlayフレームワークでMYSQLの設定を行う

More than 5 years have passed since last update.

MYSQLの設定からマイグレート実行までの手順を記述。

前提条件:
playのアプリケーションが作られていること。
MYSQLが準備されていること。

ビルドの設定変更

MYSQLドライバが取得できるようにビルドの設定を書き換える。
(property/build.sbt:ビルドの設定ファイル)

次のようにmysqlドライバの記述を追加する。

build.sbt
libraryDependencies ++= Seq(
  jdbc,
  anorm,
  cache,
  "mysql" % "mysql-connector-java" % "5.1.24"
) 

データベースの接続設定

アプリケーションの設定ファイルを書き換える。
(conf/application.conf:設定ファイル)

下記の記述がされるようにコメントアウトを外し内容を修正する。

application.conf
db.default.driver=com.mysql.jdbc.Driver
db.default.url="jdbc:mysql://localhost/データベース名"
db.default.user=<ユーザー名>
db.default.password=<パスワード>
db.default.logStatements=true

アプリを起動すると自動的にドライバがダウンロードされる。

$ play run

マイグレートファイル作成

次のディレクトリを作成する。
conf/evolutions/default

次のファイルパスになるようにSQLファイルを作成する。
conf/evolutions/default/1.sql
※2番目、3番目とファイルを足すときはファイル名の数字を増やしていく。

SQLファイルには下記のような記述を行う。

1.sql
# --- !Ups

create table dummy(
    id integer not null, 
    name varchar(255), 
    created_at datetime not null, 
    updated_at datetime not null, 
    version integer not null
    );

# --- !Downs
  drop table dummy

※Ups以下はマイグレート時に実行されるSQL
※Downs以下はマイグレート差し戻し時に実行されるSQL

マイグレートの実行

ホームのURLにアクセスするとマイグレートを実行するかきかれるのでボタンを押して実行する。
(http://ホスト名:9000など)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした