Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM LTE-M Button for EnterpriseからAWS Lambdaを叩くまでの備忘録

More than 1 year has passed since last update.

SORACOM LTE-M Button for Enterpriseを使って(SORACOM)Beam->(AWS)API Gateway -> (AWS)Lambdaの順で叩いてデータ取得する方法まとめ

忙しい人向け箇条書き

SORACOMのユーザーコンソールでやること

  1. 注文履歴から受け取り確認をする
  2. SIMグループを作る
  3. SIMグループにボタンを登録する
  4. SIMグループの設定を行う
  5. SIMグループにBeamの設定をする

AWS側でやること

  1. API Gatewayに新しいAPIを作成する
  2. Lambdaで新しい関数を作る
  3. API GatewayのAPIにPOSTメソッドを実装してデプロイする
  4. ボタンを押してCloudWatchとかでリクエストを確認する

詳しい手順

1. 注文履歴から受け取り確認をする

SORACOMのユーザーコンソールの「発注」あたりの画面から受け取り確認をするとボタンがユーザーに紐付けられて「SIM一覧」に載る

2. SIMグループを作る

BeamあるいはHarvestを使うためにSIMグループを新たに作成する

3. SIMグループにボタンを登録する

前項で作ったSIMグループにSIM一覧に列挙されたボタンのうち使うものを登録する

4. SIMグループの設定を行う

「SORACOM Air for Cellular 設定」でバイナリパーサー機能をONしてフォーマットに「@button」と記入して保存する
Clipboard02.png

5. Beamの設定を行う.

SORACOM Beam は UDP → HTTP/HTTPS エンドポイント を指定した後,転送先の設定に後述するAWS API GatewayでデプロイしたAPIのホスト名およびパスを入力する.また,転送先におけるプロトコルは HTTPS を指定する

6. API Gatewayに新しいAPIを作成する

このあたりとかこのあたりを見てPOSTメソッドを実装していく

7. Lambdaで新しい関数を作る

やりたい処理をごにょごにょ書く

8. API GatewayのAPIにPOSTメソッドを実装してデプロイする

POSTメソッドを作ってLambdaを叩くよう設定する.
当該APIの「ステージ」からPOSTメソッドを選択して呼び出し先URLを調べる.この呼び出し先URLがSORACOM Beamでの宛先になる

9. ボタンを押してCloudWatchとかでリクエストを確認する

ボタン押下後に,橙点滅→橙点灯→緑点灯→消灯と遷移すれば成功
消灯前に赤点灯となった場合はどこか間違ってる

nc30mtd
仕事したくない
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした