Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google App Engineスタンダード環境でRubyが使えるようになったので早速挑戦してみた

はじめに

ご存知かもしれませんが、Google Cloud PlatformでRubyアプリをデプロイする方法として、
- App Engine フレキシブル環境
- Compute Engine
- Kubernetes Engine
などがあります。

今回は新しく App Engine スタンダード環境 がベータで加わったので、スタンダード環境での環境構築とデプロイをしてみました。

二つのApp Engine環境についてですが、スタンダード環境だと無料枠があるのが特徴です。詳しくはリンクを張っておきます。
https://cloud.google.com/appengine/docs/the-appengine-environments?hl=ja

まだベータなのでドキュメントが少かったのですが、今回は承知の上でRuby on Rails 5のアプリをデプロイしてみました。

準備

ローカルからデプロイするにしても、Cloud Shellからするにしても、色々と準備をします。

注意: スタンダード環境ではRuby 2.5のバージョンしか使えないので移行する必要があるかもしれません。

まず、シークレットキーを作ります。

$ rails secrets:setup

assetsもコンパイルしておきます。

$ bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

ここらへんはRuby on Railsの手順通りです。

.gcloudignoreの設定

Rubyと一緒にnodejsなどを使っていたので、node_modulesの中のファイルが多すぎてエラーになってしまいました。きちんと必要ないものはイグノアしましょう。

.gcloudignore
.gcloudignore
.git
.gitignore
node_modules

app.yamlの設定

runtimeruby25に設定します。
また、entrypointを正しく設定しないと動きませんでした。

app.yaml
runtime: ruby25
entrypoint: bundle exec rails s -e production

完成

あとはデプロイするだけです。

$ gcloud app deploy

これでひとまず動作するようになりました。まだ、ベータなので色々と変わると思いますが、Ruby on Railsを気軽にデプロイできるようになったことはうれしいです。
Herokuだと30分リクエストが来ないとスリープしてしまったり、Azureだと自分のドメインを使うのに結構費用がかかったりするので、やはりGoogle Cloud Platformのサービスは良心的だと思います。ありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした