Help us understand the problem. What is going on with this article?

二段階認証のGitアカウントでのAWS SageMakerとのリポジトリ連携

これはなに?

  • セキュリティ観点でGitアカウントに二段階認証を入れている
  • SageMakerで更新するJupyter Notebook、他ファイルをGit管理したい

以上のような状態を達成するために少しハマったので備忘録。

作業環境

AWS SageMakerのJupyter notebook上
二段階認証を行ったGitアカウント

どうやる

AWSのドキュメント通り。
このページのAmazon SageMaker アカウントに Git リポジトリを追加する (コンソール)という項目内の、
スクリーンショット 2020-01-20 11.49.14.png

この部分に従う。
(SageMaker上でGithubのユーザー名・パスワードでSageMaker-リポジトリ間の連携を行うと、JupyterNotebookインスタンスをGitリポジトリと連携した状態で立ち上げると認証エラーが発生し、起動失敗してしまう)

二段階認証を行っている場合はSageMakerとGitリポジトリを連携する際にパスワード部分に上画像にある個人用アクセストークンを利用する。

パーソナルアクセストークン設定方法はこちら

こちらで手順通りに設定すると最後にアクセストークンが発行される。
ここで発行されるアクセストークンがSageMakerとリポジトリを紐付ける時にパスワードの部分に入力する文字列になる。

AWSコンソール内のSageMaker > Githubリポジトリ > リポジトリの追加で下画像の項目を入力する。
ユーザー名:Githubアカウント名
パスワード:アクセストークン
スクリーンショット 2020-01-20 12.05.26.png

入力した後はシークレットを作成し、Jupyter Notebookにこのリポジトリを紐付ける。

紐付けが終わった後はJupyter Notebook内でのヘッダー部分に「Git」という項目があるので選択する。
Git > Git Command in Terminalで通常通りGitコマンドを入力。

git add hogehoge.ipynb
git commit "first commit"
git push origin master

Jupyter Notebook上の管理したいファイルに対して、いつものようにgit pushしてやれば連携したリポジトリ側にJupyterNotebookの管理ファイルが追加されています!!

DONE!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした