Edited at

ruby on rails 環境をセットアップするときの自分メモ

More than 1 year has passed since last update.

素のCentOSにRuby on Rails環境を作る時に毎回ググる項目のメモ


必要なyum

sudo yum install -y git gcc openssl-devel readline-devel zlib-devel mysql-devel

sudo yum install -y epel-release
sudo yum install -y nodejs --enablerepo=epel


  • gitはrbenvのインストールに必要

  • gcc〜zlib-develは2.4.1で必要でした。

  • mysql-develはmysql2のgemを使わないなら不要。大体使うから入れておく。


  • nodejsはmigrateの時にRuntimeが無いと怒られる件に対応する。




rbenvのセットアップ

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
rbenv install -v 2.4.1
rbenv rehash
rbenv global 2.4.1


rails環境構築で(よく忘れる)使うコマンド


  • bundlerのインストール


gem install bundler


  • vendor/bundlerにbundle install


bundle install --path vendor/bandler


yarnの導入

sudo yum remove nodejs npm #古いのが入っていれば削除

curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_10.x | sudo bash -
sudo yum install -y nodejs
sudo npm install yarn -g
# webpacker 使っている場合 rails プロジェクト配下で
bundle exec rails webpacker:install


nodeのバージョンでエラーになるケースへの対応


nを導入してバージョンを変えられるようにする

sudo npm install -g n

sudo n 9.11.2


mysqlコマンド


  • ユーザーに権限追加


grant all on *.* to 'username'@'192.168.33.%'


  • IP部分は適宜書き換え。例ではVirtualBoxのprivate_networkからの接続を許可するような設定


    • DB作成




CREATE DATABASE データベース名 CHARACTER SET UTF8


  • latin1でいつもイラッとするやつ


    • 5.6系をインストールする




sudo yum -y install http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

sudo yum -y install mysql-community-server

* 参考:https://weblabo.oscasierra.net/installing-mysql-rhel6-with-yum/


その他エラー対処


make: g++: コマンドが見つかりませんでした

sudo yum -y install gcc-c++

https://notsleeeping.com/archives/863