Help us understand the problem. What is going on with this article?

Live2Dでパーツ表示・非表示させる2つの方法

More than 3 years have passed since last update.

Live2D Advent Calendar 2015の17日目の記事です。

意外と知られてなさそうなので、パーツの表示・非表示させる小ネタを紹介します。
やり方としては、以下の2つあると思います。

1)Modelerでパラメーター制御する方法
2)pose.jsonで制御する方法(アプリを作る人のみ)

Modelerでパラメーター制御する方法

例えば、こんな感じのことをやりたい時
001.gif
僕の場合は、まぶた部分のパーツの不透明度は以下のようにしています。

◆まぶたAのパラメーター

002_Parts_A001.png

003_Parts_A002.png

004_Parts_A003.png
まぶたAのパラメーターは-0.1〜1.0の間を持っていて、-0.1〜0.0の間で不透明度を0〜100%切り替えてます。

◆まぶたBのパラメーター

005_Parts_B001.png
まぶたBのパラメーターは-0.1のみあり、不透明度を100%にしてます。

あくまで「こんな感じでできるんじゃね?」と思い設定したものなので、参考程度にして下さい。

ちなみに閉じる口などは、口かぶせ用のパーツを作って再現できるかと。
Unityちゃんなどがそうなってますね。
006.png

pose.jsonで制御する方法

こちらが本題ですが、pose.jsonという便利なものがあります。
これはLive2D ViewerとAnimatorを使って制御します。サンプルのharuちゃんモデルがわかりやすいです。

この場合は、パラメータ制御しないので阿修羅状態にしておきます。
007.png
そしてAnimatorではパーツを消してモーションを作ります。
008.png
この場合、Live2D ViewerやSDKに組み込んだ際に、まだ阿修羅状態のまま・・・。
009.gif

ここで必要になるが「pose.json」です!
pose.jsonはLive2D Viewerから作る事ができます → Live2D Manual - ポーズの設定
ポーズを作り、グループ分けします。
010.png
そうするとちゃんとモーションにあったポーズがされますねっ!
011.png

おまけ

パーツ表示・非表示と関係ない内容ですが、ポリゴンの消しゴム機能が追加されてました(つい最近知りましたw)
012.gif

ただ、マニュアルの注意事項にもある通り、最低2点は残しましょう。
これで「点を増やす」と合わせれれば、ポリゴンを増やしたり削除したりが思いのままですね♪

naotaro0123
Webエンジニアです。BlenderとWebGLと漫画が大好きです ◆ソース http://github.com/naotaro0123
http://ameblo.jp/chicktack123/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした