Help us understand the problem. What is going on with this article?

[AWS] Lambda + API Gatewayでサーバレスを始める 1

More than 3 years have passed since last update.

とりあえず、AWS Lambda と API Gateway でサクッとサーバレスをやってみます。
マネジメントコンソールから全部の実装・設定をやってしまいます。
AWS SAM とかは使ってないので、そのあたり(バージョン管理やCLIからのデプロイなど)は別の記事などで補完をお願いします。

ロールの作成

Lambda ファンクション作成時にロールを設定する必要があるので、あらかじめ IAM でロールを作成しておきます。

IAM > ロール > 新しいロールの作成

ロールタイプの選択

AWS Lambda を選択。
スクリーンショット 2017-07-03 9.31.23.png

ポリシーのアタッチ

ここで実行時に必要な権限をアタッチします(DynamoDBとかS3とかのアクセス権限)。
今回は特に何も必要ないので、AWSLambdaBasicExecutionRole をアタッチし、CloudWatch Logs へのアクセス権限のみ付与します。
チェックを入れて「次のステップへ」クリック。
スクリーンショット 2017-07-03 9.45.00.png

確認

ロール名を入力し(必要ならDescriptionを入力し)、ロールの作成をクリック。
スクリーンショット 2017-07-03 9.49.13.png

Lambda ファンクションの作成

先に API Gateway の設定をすることもできますが、ここでは先に Lambda を書きます。

Lambda > Lambda関数の作成 > Blank Function > (トリガーは設定せずに)次へ

関数の設定

関数名を入力し、ランタイムを選択します。
今回は Node.js 6.10 にします。
スクリーンショット 2017-07-03 9.51.41.png

先ほど作成したロールを選択して次へ。
スクリーンショット 2017-07-03 10.07.41.png

確認

内容確認して、「関数の作成」クリック。
スクリーンショット 2017-07-03 10.09.54.png

コードの変更

ひとまずJSONを返却するようにします。

exports.handler = (event, context, callback) => {
    callback(null, {"name": "hoge"});
};

API Gateway の設定

API Gateway > APIの作成

API名を入力して、「APIの作成」クリック。
スクリーンショット 2017-07-03 14.04.15.png

リソース作成

リソースのアクションから、メソッドの作成を選択。
スクリーンショット 2017-07-03 14.07.43.png

GETを選択肢、チェックマークをクリックして確定。
セットアップ画面になるので、Lambdaを作成したリージョン※1とLambdaファンクション名※2を入力して保存。
※1 : コンソールの上部で表示されているリージョンで作成されています。東京なら「ap-northeast-1」を選択。
※2 : 最初の文字を入力すれば、候補が表示されます。
スクリーンショット 2017-07-03 14.10.22.png

リソースが作成されたので、ひとまずテストを実行してみます。
スクリーンショット 2017-07-03 14.16.49.png

「テスト」ボタンをクリックすると、成功していることがわかります。
ステータスが200で、JSONが返ってきていることを確認してください。
スクリーンショット 2017-07-03 14.18.15.png

APIのデプロイ

リソースのアクションから「APIにデプロイ」を選択。
スクリーンショット 2017-07-03 14.44.41.png

「新しいステージ」を選択し、ステージ名を入力。
ここでは「prod」と入力。
スクリーンショット 2017-07-03 14.45.51.png

デプロイすると、APIエンドポイントが作成されます。
スクリーンショット 2017-07-03 14.48.14.png

CORSの設定

CORSの設定は、 API Gateway リソースのアクションから設定できます。
スクリーンショット 2017-07-03 14.54.42.png

設定を変更したあとは、再度APIをデプロイする必要があります。

パスパラメータ

「/prod/:id」ってしたい時の設定方法。

リソース > アクション > リソースの作成
スクリーンショット 2017-07-03 15.15.36.png

新たに子リソースを追加します。
その際、リソースパスの文字列を{}で括ります。
スクリーンショット 2017-07-03 15.17.37.png

リソース作成後、{id}にGETメソッドを作成します。
Lambdaの設定をします。
スクリーンショット 2017-07-03 15.23.44.png

APIのテスト実行画面で、パスが入力可能になっていることを確認します。
スクリーンショット 2017-07-03 15.25.03.png

Lambdaからパラメータを取得できるように設定します。
統合リクエストをクリック。
スクリーンショット 2017-07-03 15.31.25.png

本文マッピングテンプレート > マッピングテンプレートの追加
「application/json」と入力してチェックマーククリックで確定。
スクリーンショット 2017-07-03 15.32.54.png

以下のように、マッピングを記述します。
スクリーンショット 2017-07-03 15.36.18.png

{
  "id": "$input.params('id')"
}

Lambdaでパラメータを取得できるようになったので、以下のように変更します。
パラメータはeventから取得できます。

exports.handler = (event, context, callback) => {
    callback(null, {"id": event.id, "name": "hoge"});
};

テストを実行し、入力値が返ってきていることを確認してください。
スクリーンショット 2017-07-03 15.42.11.png

クエリパラメータ

「/prod?name=:name」ってしたい時の設定方法。

メソッドリクエストから設定します。
スクリーンショット 2017-07-03 15.45.10.png

URL クエリ文字列パラメータに「name」を入力し、チェックマークで確定します。
スクリーンショット 2017-07-03 15.46.17.png

パスパラメータの時と同様、統合リクエストからマッピングテンプレートを設定します。
スクリーンショット 2017-07-03 15.48.54.png

Lambdaを変更します。

exports.handler = (event, context, callback) => {
    callback(null, {"id": event.id, "name": event.name});
};

テストで、クエリ文字列が入力可能になっています。
入力値が返ってきていることを確認してください。
※idはクエリ文字列で入力できないのでundefinedになり、nameだけがJSONで返却されます。
スクリーンショット 2017-07-03 15.57.57.png

文字化けするときは

日本語が文字化けする場合、メソッドレスポンスで文字コードを設定します。
スクリーンショット 2017-07-03 16.02.49.png

200のレスポンス本文の「application/json」を編集(ペンマークをクリック)します。
スクリーンショット 2017-07-03 16.05.20.png

「;charset=UTF-8」を追記し、保存します。
スクリーンショット 2017-07-03 16.07.20.png

その2に続く→

naoki_koreeda
PHPerになりました。最近Google Cloud Platform/Golang/Node.js。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away