DigitalOcean
drone.io

DigitalOceanにDrone 0.4 をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

【追記】 DigitalOceanにDrone 0.8 をインストールする を書きました。


DigitalOceanには、One-Click Appsという、名前のとおりワンクリックで何も設定等なくいきなりサービスを立ち上げることができるDropletがあり、この中にあるDroneのアプリをKarappoではしばらく使っていました。ただ、Droneのバージョンが古かったので、今回は用意されたDropletの中から Ubuntu Docker 1.10.3 on 14.04 に最新のDrone(v0.4)をインストールしてみた覚書です。

やり方はドキュメントほぼそのままです。

Karappoでは、gitのリポジトリ管理にGitlab(v8.1.2)を使っているので、そのGitlabとDroneを連携させるための手順になります。

まず先に、Gitlabでcallback urlをhttp://{drone_host}/authorizeにして、Applicationを登録し、発行されたclinet_idとsecretをメモしておきます。

DigitalOceanのサーバーにログインしてから、

$ sudo docker pull drone/drone:0.4

$ sudo mkdir /etc/drone
$ sudo vi /etc/drone/dronerc

として、dronercの内容を以下のようにします。

REMOTE_DRIVER=gitlab

REMOTE_CONFIG=https://{gitlab_host}?client_id={client_id}&client_secret={client_secret}

これでもう終わりです。後は起動するだけ。

$ sudo docker run \

--volume /var/lib/drone:/var/lib/drone \
--volume /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \
--env-file /etc/drone/dronerc \
--restart=always \
--publish=80:8000 \
--detach=true \
--name=drone \
drone/drone:0.4

Dockerイメージを使えるので、すごく簡単でした。DroneのDockerイメージはここにあります。


この記事は2016.4.6にこちらのURLで公開していた内容を移行しました。