Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSのS3で静的サイトをホスティングしてみた。

More than 3 years have passed since last update.

AWSのS3で静的サイトをホスティングしたので、気づいたことを自分用にメモしておく。

S3とは

Amazon S3 は、インターネット用のクラウドストレージ。
参考にしたURL
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/WebsiteHosting.html

手順

1.AWSのコンソールにサインインして、s3のバケットを作成する。
→ココから https://console.aws.amazon.com/s3/
参考:http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/user-guide/create-bucket.html
・バケット名は独自ドメインと同じにする。
・リージョンは現在地に近い場所、例:Tokyo

2.静的webサイトとしてバケットを設定
a.バケットの [Properties] パネルで [Static Website Hosting] をクリック
b.[Enable website hosting] を選択
c.[Index Document] ボックスにindex.htmlを追加

3.アクセス権限の設定
a.バケットの [Properties] ペインの [Permissions] をクリック
b.[Add Bucket Policy] をクリック
c.下のバケットポリシーをコピーし、Bucket Policy Editor に貼り付け
※example-bucketは、自分のバケット名と置き換え。

{
  "Version":"2012-10-17",
  "Statement":[{
    "Sid":"PublicReadForGetBucketObjects",
        "Effect":"Allow",
      "Principal": "*",
      "Action":["s3:GetObject"],
      "Resource":["arn:aws:s3:::example-bucket/*"
      ]
    }
  ]
}

4.index.htmlをアップロード
a.https://console.aws.amazon.com/s3/にアクセス、[Bucket name] リストで、オブジェクトのアップロード先のバケットの名前を選択
b.[Upload] を選択します。
c.ローカルにindex.htmlとテストファイルを作成し、uplload。
※バケットが空の場合、[Get started] または [Upload] を選択できる。
参考:http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/user-guide/upload-objects.html

naogify
GISや人工衛星のデータを触ってます。本職はWebのエンジニアです。/OpenStreetMap/Osumium/Tellus/
https://naoki-is.me/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away