PHP
VSCode

Visual Studio Codeで「PHP実行可能ファイルが設定されていないため...」とエラーが出る場合の対処法


便利だけどいろいろ難しいVisual Studio Code

最近PHPの勉強を始めて、会社のお昼休みに勉強するだけでは物足りなくなり、PCを購入した。

早速PHPの開発ができる環境をつくって、いざVisual Studio CodeでPHPの記述をしていたところ、

Visual Studio Codeの画面下にこんな通知が出てきた。

image.png

クリックし、詳細を確認してみるとこんな感じ。

image.png

ほう、、そういうことか。

要は、Visual Studio Codeくん

『ぼく、PHP実行ファイルの場所教えてくれないと、PHPのコード間違って記述しても注意できないよ?』

ってことみたい。

だから私たちは何をしたらいいかというと、

通知文に書いてある通り

「設定'php.validate.executablePath'を使用して PHP 実行可能ファイルを構成」すればいいということだ。

①画面上部の[ファイル]を開く

image.png

②[基本設定]を開く

image.png

③[設定]を開く

image.png

④下にスクロールしていくと、「settings.jsonで編集」と出てくるのでクリック

image.png

⑤settings.jsonに以下のように入力する

image.png

→上記は私の例だが、php.exeがあるパスを指定してあげるのが正解。私はxamppをインストールしたので

xamppの中にあった。

これでコードがカラフルになって、ちゃんとVisual Studio Codeくんが間違いを教えてくれるように!!

image.png

ありがとう。。

これでまともにコードが書けそう。。